スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の電気自動車に強敵現る!台湾が描く「電動移動体」国家戦略の凄み


ご訪問ありがとうございます。






 最近、巷でよく見かける小さな乗り物をあげてみよう。

 世界各地の空港内警察が使っている、一人立ち乗り電動車「セグウェイ」。

 ヤマハ「パッソル」、同「パッソーラ」など往年の原付2輪車ブームを彷彿させるほど、急速に日本国内販売を伸ばしている、電動アシスト自転車のヤマハ「PAS」。

 道路交通法上の免許がいらないことで、高齢者の日頃の足として普及が進んでいる電動四輪車、スズキ「セニアカー」(本来は『シニア』カーだが、スズキ上層部が『シ=死』のイメージを懸念して命名)。

 こうした各種の小型電動移動体は、世界市場ではLEV(Light Electric Vehicle)と呼ばれている。ハイブリッド車や電気自動車など、本格的な自動車の電動化が叫ばれている昨今、「LEVは大きなビジネスチャンスの芽」として海外(日本の2輪車業界の一部を含む)で関心が高まっている。だが、LEVは商標ではないし、法整備が各国でバラバラであるなど、「LEVの定義」は、事実上存在していないのが実情だ。

 そうしたなか、「LEVを国策にする!」と意気込んでいる国がある。日本の隣国・台湾である。


台湾政府が推進する「eバイク」「eスクーター」。2009年春から各社が新型車を市場投入する予定。

 台北市街、朝晩のラッシュアワー。路上には排気量125ccを中心とする小型オートバイが溢れかえっている。二人乗りしているバイクも数多い。総人口2300万人に対して、小型オートバイの保有台数は1200万台に及び、国民2人に約1台を保有している計算になる。

続きはこちら


■関連記事
・中国・インド勢からも相次ぐ衝撃の発表!日本車メーカーを飲み込む 電気自動車“仁義なき戦い”の混沌
・ゴーン日産が先行?知られざる 中国“電気自動車革命”の鳴動と内幕
・電気自動車が普及すると、中国ではCO2増加!? 一筋縄ではいかない環境問題だからこそ、日本企業ができること
・ハイブリット車は主力製品にならない!車文化を食い潰した日本には真似できない 欧州自動車メーカーの腹のくくり方
・やっぱり日産は電気自動車に本気だ!トヨタも無視できない「リーフ」の正体



http://news.livedoor.com/article/detail/4681120/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。







参考になりますね。

takatakafc22
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
バイクいじりと思いつき日記

FC2Blog Ranking

MicroAd
プロフィール

takatakafc22

Author:takatakafc22
中古バイクのいじめ方や復帰方法を!趣味レベルの日記です。 お得な情報があれば、そんな事、あんな事も書きます。

無料ブログ記事自動作成ツール!
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者数
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。