スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【東京モーターショー11】ヤマハのモビリティはシーンを選ばない


ご訪問ありがとうございます。





写真拡大ヤマハブース入り口に置かれた電動モビリティ 写真一覧(7件)「あしたらしい風」をキーワードとしたヤマハ発動機は、電動3輪バイク『EC-Miu』と電動アシスト自転車『PAS WITH』という2台のコンセプトモデルについては、「つながるモビリティ」というテーマでトヨタ自動車のブース内に置き、それ以外を自前のブースに展示するという二極体制で臨んでいる。

電動モビリティについては、すでに市販されているバイクの『EC-03』とアシスト自転車『PAS VIENTA』、『PAS Brace』を展示。一方内燃機関を用いた2輪車では、東日本大震災で注目された2輪車の機動性を追求した『XTW250RYOKU(陵駆)』をはじめ、レトロ調のデザインが特徴の『Y125もえぎ』をワールドプレミアとしている。

日本初公開モデルとしては、ビッグスクーター『TMAX』、『マジェスティ』の新型や、スーパースポーツ『YZF-R1』のWGP参戦50周年記念車が登場。WGPレース仕様のYZR-M1は、フレームやエンジン、カウルなどコンポーネンツを分割してのディスプレイもなされている。

またヤマハは、2輪車以外のモビリティを数多く手掛けていることでも知られる。今回はそういった部分を強調すべく、ATV(オールテレインビークル)、SSV(サイドバイサイドビークル)やスノーモビル、パーソナルウォータークラフトなども展示し、さまざまなシーンに適合するモビリティを送り出すブランドであることをアピールしていた。
《レスポンス 森口将之》


http://news.livedoor.com/article/detail/6077663/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


富士経済、次世代自動車は2020年に705万台規模に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111203-00000001-impress-ind



参考になりますね。

takatakafc22
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
バイクいじりと思いつき日記

FC2Blog Ranking

MicroAd
プロフィール

takatakafc22

Author:takatakafc22
中古バイクのいじめ方や復帰方法を!趣味レベルの日記です。 お得な情報があれば、そんな事、あんな事も書きます。

無料ブログ記事自動作成ツール!
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者数
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。