スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次世代モビリティシティに向け、ヤマハ発のコンセプトモデル登場


ご訪問ありがとうございます。





写真拡大現在開催中の第42回東京モーターショー(一般公開:12月3日から12日)に、ヤマハ発動機は「あしたらしい風。」をメッセージに、パーソナルモビリティの有用性を感じさせる、多くの個性派モデルを出展している。 第42回東京モーターショー(一般公開:12月3日から12日)に、ヤマハ発動機 は「あしたらしい風。」をメッセージに、パーソナルモビリティの有用性を感じさせる、多くの個性派モデルを出展している。
 24年ぶりに東京に帰ってきた2011年のモーターショーは、クリーンエネルギーのクルマが予想通り、数多くお披露目され、スマートコミュニティの中での自動車業界の役目というものをアピールするブースが目立つ。そんな中で、2輪車として、その社会と接していくという姿勢を強く示していたのがヤマハ発動機だ。
 今回、バイクや電動アシスト自転車などワールドプレミアとして4モデル、ジャパンプレミアとして3モデルがモーターショーを発表の場とし、その“有用性”“独自性”“グローバル性”を十分にアピールしている。
 特に世界で初めて公開されたコンセプトモデルは、新たな息吹をライフスタイルに吹き込む可能性を秘めたものばかりだ。
 フロントカウルからハンドルにかけてのフューチャーなデザインが特徴的な3輪電動バイク「EC−Miu」は、女性を意識したシティコミューターとして、多くの女性来場者から熱い視線を浴びていた。
 また、電動アシスト自転車のコンセプトモデルとして登場した「PAS WITH」は、スタイリッシュなデザインで、シームレスなボディが特徴だ。折りたたみ式を採用し、普段使い以外にも旅先での移動手段として、クルマや電車での旅行に同行させるというプランを同社は提案する。スマートフォンを装着することで、ナビやバッテリー残量管理もできるという。
 他にも自転車のようなフォルムに、グローバルスタンダードである125ccの低燃費エンジンを搭載したコンセプトモデル「Y125もえぎ」も、発想とデザインの斬新さで注目を集める。
 「EC−Miu」と「PAS WITH」はヤマハブースだけでなく、東京ビッグサイト内で併催される『SMART MOBILITY CITY 2011』のトヨタ ブース内に、テーマである「つながる」を具体的に示すゾーンとして、充電インフラ(トヨタ)と電動式のシティコミューターという関係で並べられている。(編集担当:加藤隆文)
関連記事
東京モーターショー2011開幕、注目はコンパクトでかわいい電動シティコミューターbuzzLifeで次世代電気自動車のある生活を体験東京モーターショーの関東自動車工業ブースで見つけた明日が見えるコンセプトカー東京モーターショーの話題をさらったトヨタ・ハチロクは5年後に評価が決まる日産、リーフが2011―2012日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞


http://news.livedoor.com/article/detail/6102620/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


富士経済、次世代自動車は2020年に705万台規模に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111203-00000001-impress-ind



参考になりますね。

takatakafc22
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
バイクいじりと思いつき日記

FC2Blog Ranking

MicroAd
プロフィール

takatakafc22

Author:takatakafc22
中古バイクのいじめ方や復帰方法を!趣味レベルの日記です。 お得な情報があれば、そんな事、あんな事も書きます。

無料ブログ記事自動作成ツール!
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者数
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。