スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【東京モーターショー2011】次世代車両は女性にも優しいシティコミュータータイプ


ご訪問ありがとうございます。





写真拡大2011年11月30日より東京ビッグサイトで、「第42回東京モーターショー2011」が開幕しました(一般公開は12月3日から)。今回は世界12カ国1地域から179のメーカーが参加し、最新の技術を駆使車両を出展しています。今年取り分け注目を集めているのが、「シティコミューター」と呼ばれるタイプの車両です。これは4輪車と2輪車の中間的な存在の乗り物で、近距離移動に特化しています。会場の足を運んで実際に車両を見た記者(私)が、特に女性に優しいと感じた車両をご紹介したいと思います。
■ スズキ「Q-Concept」
オレンジの車体と丸いドアが可愛らしいスズキの「Q-Concept」。この車両は2人乗りで、座席が縦に並んでいます。運転席の真後ろのもうひとつ座席があり、バイクのように縦列に乗り込みます。2人乗りではありますが、天井が高く設計されているので、それほど手狭な印象はありません。ドアの開閉がとてもユニークで、その動きも可愛らしく感じます。
■ トヨタ車体「coms」
電気自動車の「coms」。この車両は、車検・車庫証明・重量税・取得税が不要。1回の充電にかかる費用は約80円、1キロ当たりに換算するとわずか2円だそうです。1人乗りですが、後部にカーゴがついていて荷物の移動などの重宝しそうです。
■ フォルクスワーゲン「NILS」
ドイツ連邦交通省の支援のもと、大都市の通勤者のために開発された電気自動車「NILS」。この車両の最大の特徴は、重量にあります。安全かつ軽量なフレームを用いて製造されており、電気モーターを含めた総重量は460キロ(国産の軽自動車は600~800キロ)。エコカーとしての可能性を感じさせてくれます。
■ ゼネラルモーターズ「シボレー EN-V」
まるで、従来の車両から前方部分だけを切り取ったようなユニークな車両「シボレー EN-V」。この車両は見た目もさることながら、他の車両にはない特殊な機能を備えています。それは「自律走行」です。ネットワーク機能を駆使して、車両間通信および距離検出技術で自律的に運転してくれるとのこと。その可能性は未知数ですが、もしかしから目的地を指定するだけで、ドライバーに代わって運転を担ってくれるかもしれませんね。
 
車両によっては、実用化は随分先になるのかもしれませんが、車には明るい未来が待っているような気がします。興味のある方は、是非会場でそれぞれの車両をご覧になってくださいね。
(取材、文、写真=チャーミー)

写真をもっと見る
関連記事
あら便利! ボタンひとつで自動に折りたたみできるベビーカーが発売されるよ~まるで走る映画館! エンターテイメント劇場型バスが大ブレイク中ジェットコースターのコースを歩こう! 回転部分も気合で歩け?


http://news.livedoor.com/article/detail/6081938/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


富士経済、次世代自動車は2020年に705万台規模に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111203-00000001-impress-ind



参考になりますね。

takatakafc22
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
バイクいじりと思いつき日記

FC2Blog Ranking

MicroAd
プロフィール

takatakafc22

Author:takatakafc22
中古バイクのいじめ方や復帰方法を!趣味レベルの日記です。 お得な情報があれば、そんな事、あんな事も書きます。

無料ブログ記事自動作成ツール!
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者数
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。