スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホンダ、東京モーターショーで2人乗りの電動コミューターコンセプト


ご訪問ありがとうございます。





"MICRO COMMUTER CONCEPT" 本田技研工業は11月10日、第42回東京モーターショー2011に小型の電動コミューターのコンセプトモデル「MICRO COMMUTER CONCEPT」と2輪EVコミューター「MOTOR COMPO」を出展すると発表した。二輪研究所と四輪研究所の共同研究だ。

●マイクロサイズ未来都市型電動コミューター

 MICRO COMMUTER CONCEPTは、室内空間を大きくとり大人2人が乗車できる電動コミューター。通常はドライバーが前席、同乗者が後席に座るが、12歳以下の子どもであれば後部座席を簡易2シートの1+2シート構成にもできる。また、運転席横には2輪EVコミューター「MOTOR COMPO」を搭載する専用スペースも用意する。

 インストルメントパネルにはスマートフォンがセットでき、データが同期される。ボディ外装は、まるで“着せ替え携帯電話”のように自分の好きなデザインのシートを差し込んで変更できるようになっている。ボディサイズは、2500×1250×1430ミリ(全長×全幅×全高)、ホイールベースは1860ミリ。

 1充電当たりの走行距離は約60キロ、最高速度は時速60キロ以上、静止状態から時速60キロまでの加速は7.4秒という走行性能。走行用のリチウムイオンバッテリーのほかに、取り外し式のLOOP BATTERYを搭載する。これは、回生エネルギーによる充電が可能で、MOTOR COMPOのバッテリーとして利用したり、ユーティリティバッテリーとして使ったりできる。

●モトコンポのEV版? 2輪EVコミューター「MOTOR COMPO」

 1981年~1985年までホンダが販売していた原付バイク「モトコンポ」を覚えている読者も多いかもしれない。コンパクトカー「シティ」のトランクルームに積めるというコンセプトで開発された折り畳める原付だ。

画像:折りたためる2輪EVコミューター「MOTOR COMPO」
(http://bizmakoto.jp/style/articles/1111/10/news158.html)

 MOTOR COMPOは、21世紀によみがえったモトコンポのような存在。上述のMICRO COMMUTER CONCEPTに設けられた専用スペースに、ハンドルを折り畳んで収納できる。バッテリーは、MICRO COMMUTER CONCEPTでも充電できるLOOP BATTERYだ。計器もやはりMICRO COMMUTER CONCEPTのインパネに差し込めるスマートフォン。ボディサイズは930×489×957ミリ。

■関連記事
ホンダ、東京モーターショーで自動運転モードを備えるPHVコンセプトカー「AC-X」
米ホンダ、2つのシビック特別モデルをSEMAショーに出展
英ホンダ、ミラノショー2011に新型二輪車4モデル出展
ホンダ、フリードとフリードスパイクにハイブリッドモデル投入
ホンダ、インサイトの上位モデル「エクスクルーシブ」


http://news.livedoor.com/article/detail/6017107/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。







参考になりますね。

takatakafc22
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
バイクいじりと思いつき日記

FC2Blog Ranking

MicroAd
プロフィール

takatakafc22

Author:takatakafc22
中古バイクのいじめ方や復帰方法を!趣味レベルの日記です。 お得な情報があれば、そんな事、あんな事も書きます。

無料ブログ記事自動作成ツール!
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者数
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。