スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

磁力抵抗ゼロの夢の発電機、学会で実証される!


ご訪問ありがとうございます。






連式発電機特許図面

京都新聞によると、滋賀県草津市の元建設請負業、平松敬司さん(72)が開発した連式発電機が、京都大の中村武恒准教授(電気工学)の解析により、一定条件で磁力の抵抗がほぼゼロになることを、このほど茨城県つくば市で開かれた春季低温工学・超電導学会で中村武恒准教授が発表しました。





連式発電機特許図面

細かい解説はちょっと長くなるので端折りますが、概略としてこの発電機のすごいところは磁力抵抗がゼロというところ。発電機というのは簡単に言うと、磁石と電線を巻いたコイルのどちらかがぐるぐる回ることで発電します。
磁石を使うので磁力が抵抗になってしまい、回転を促すためには大きな動力が必要となります。例えば自転車のライトを点灯させるための小型発電機を動かすと、一気にペダルが重くなります。あの重さのほとんどが磁力による抵抗です。

連式発電機を開発した平松さんも、着想は自転車の発電機を軽くしたい、ということだったようです。

それほどの力が必要な磁力抵抗を、磁石の配置と組み合わせでほぼゼロにするというこの発明は、検証を行った京都大の中村武恒准教授も「目からうろこ」だったというほど誰でも思いつきそうで全く思いつかなかった構造だ、ということ。それだけ単純な構造で発電機の、ある意味永遠の課題を解決してしまったことに、この発明のすごさがあるのです。

磁力抵抗がゼロになると、いったいどういったメリットがあるのか?
クルマで言えば発電に使われるオルタネーターの抵抗が減り、思いっきり燃費貢献ができます。これをレンジエクステンダー型EVに使えば燃料消費量は飛躍的に減り、航続距離の更なる延長が期待できるのです。 
風力発電に使えば、同じ羽の大きさで発電量を増やすことが出来る。火力や水力に応用しても同じ効果が現れるのですから夢の発明といえるかもしれません。

震災から福島第一原発事故を経て、エネルギーということに関心が高まってきたおかげで、こういった新しいエネルギー技術に光があたりはじめました。 これからも、こういった新しい技術はどんどん紹介していこうを考えています。

まぁ、計算式とか原理、構造などちょっと小難しい話は端折って紹介するかもしれませんが。

京都新聞 磁力抵抗「ゼロ」の発電機 草津の男性が発明 http://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20110531000016

発明者平松敬司さんの特許資料(アスタミューゼに掲載) http://patent.astamuse.com/ja/granted/JP/No/4524110/



(北森涼介)





■関連記事
・9年前にすでに実用?EV用自動販売機型充電器の開発者に聞く
・ルノーは屋根に太陽光発電を付ける世界最大のメーカーになる!?
・中国のレアアースに頼らずEV&ハイブリッドを作る方法
・電チャリより安い!!!98,000円のEVスクーター【AT-ES1】
・台湾のショーでは半分が電動2輪車だが実態にはまだまだ不満足!



http://news.livedoor.com/article/detail/5603803/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。







参考になりますね。

takatakafc22
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
バイクいじりと思いつき日記

FC2Blog Ranking

MicroAd
プロフィール

takatakafc22

Author:takatakafc22
中古バイクのいじめ方や復帰方法を!趣味レベルの日記です。 お得な情報があれば、そんな事、あんな事も書きます。

無料ブログ記事自動作成ツール!
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者数
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。