スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年のホンダモタコンポ以前に2年前の東京モーターショーに登場していた「もたぽんこ」


ご訪問ありがとうございます。





間もなく開幕する第42回東京モーターショー、各メーカーからコンセプトモデルの情報が発表される中で、4輪・2輪ファンから支持を集めているのがホンダの「MOTOR COMPO(モーター・コンポ)」でしょう。





クルマに積める、超コンパクトな電動バイクというコンセプトは、伝説の名車「モトコンポ」の21世紀版というわけで、4輪ファン、2輪ファンを問わずに支持されるのも納得です。

また、かつての名車を電動でリバイバルすることで、新鮮な印象もあります。



ですが、こうしたコンセプトの電動バイク、すでに発売されているのはご存知でしょうか?



それが、こちら。通称「もたぽんこ」であります。





車名型式 APAX’POWER 電ちゃりAPA-MP
出力 350w
駆動方式 フロントモーター、フロントドライブ方式
モーター パワーホイールギヤ付き
バッテリー 24(V):12(V)20A、2個搭載
長さ(mm) 1000
幅(mm) 400
高さ(mm) 500
重さ(kg) 30
ホイールベース(mm) 600
最高速度 30~35km/h
巡航距離 15~20km
タイヤ 8インチ(F/R)
ブレーキ 前 ディスクブレーキ
後 ドラムブレーキ
家庭用AC電源100(v)
自動車用DC12(v)シガーライター充電可能
販売価格 98,000円



ガソリンを使わないことで搭載の自由度が高い電動バイクゆえに、全長1m程度と小型化することでクルマのラゲッジやマンションのエレベーターなどに積めるというのがウリ。また前輪にインホイールモーターを持つ前輪駆動の小型電気バイクというのもメカニズム的にはユニークな存在。



しかも、この「もたぽんこ」は、なんと2年前の東京モーターショーにてコンセプトモデルが発表されていたのです!



こちらが、その証拠写真。





キャンペーンボーイ(?)氏が、ニコニコと持っていることからもわかるように、コンセプト段階から「持ち上げられる重量」にこだわっていたのですから、その点においては、まさしくモーターコンポの2年先を行くモデルなのです。



もちろん保安部品も備わっていてナンバーも付きますから、市街地走行も楽しめる「もたぽんこ」。

おひとつ、いかが?



(山本晋也)






■関連記事
・【速報】GT500第2レースRAYBRIG HSV-010伊沢拓也 優勝【JAF-GP 富士スプリントカップ】
・新型ホンダフリードが絶好調! ハイブリッド比率は63%!!
・中国・広州でEV実験を行うホンダ/その裏事情を深読みする
・ホンダ“モトコンポ”がEVバイクとして復活!?【東京モーターショー】
・謎解きの報酬としてはサイコーにちょうどいい!!Honda NEW FREEDが当たる!!


http://news.livedoor.com/article/detail/6024514/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。







参考になりますね。

takatakafc22
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
バイクいじりと思いつき日記

FC2Blog Ranking

MicroAd
プロフィール

takatakafc22

Author:takatakafc22
中古バイクのいじめ方や復帰方法を!趣味レベルの日記です。 お得な情報があれば、そんな事、あんな事も書きます。

無料ブログ記事自動作成ツール!
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者数
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。