スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永田町血風録 自民党が最も恐れる民主党の“団結力”


ご訪問ありがとうございます。





 「民主党の代表は、相変わらず途中でその座を投げ出すのだね」

 「自民党は首相の座を打っちゃってるのだから、こちらの方がよほど無責任だ」

 民主党代表でその座を途中で投げ出したのは菅直人、岡田克也、前原誠司…。一方、自民党の総裁といえば首相だ。その座を途中で投げ打っちゃったのは安倍晋三、そして福田康夫…。

 「国家、国民のために献身的にがんばる」と、それらの抱負のほとんどが“国家”と“国民”を必ず口にする。だが、すべて任期の途中で投げ出してしまっている。

 「小沢(一郎)はいつものパターン」と自民党の執行部では口をそろえているが、政権を握る与党も首相の途中投げ出しは「ほかの政党のことをとやかく言うべきではなく、どっちもどっちだよ。責任の重さからいえば、自民党のほうが国家、国民をバカにしているといえる」(政治ジャーナリスト)



 とはいえ、民主党はこれから代表者選びを始める。前回の自民党総裁選びのような“お祭り騒ぎ”にでもなれば、国民の関心は民主党に向いてしまう。

 「それを考えると、麻生も自分が握っている解散・総選挙という切り札について、軽々しくは切れないはず」(前出・政治ジャーナリスト)

 そうなってくると、自民党サイドも「困ったな」という状況である。いつ総選挙をするか、そのタイミングを見誤れば、自民党は野に下ることにもなりかねないわけだ。

 「麻生が慎重になってきている。自民党の執行部の中には『今がチャンス』と言う人もいる。それは、小沢の辞任で民主党が一枚岩でなくなったから…」

 自民党選対の一部の人たちはこう言って勇んでいる。だが、うっかりすると民主党の小沢辞任が逆に国民の間では「自民党にこれ以上政権を握らせてはいけない」という自民党アレルギーが芽生えているので、十二分に計算していないと、とんでもない逆転を食うことになる。俗に言う「政治の世界は一寸先は闇」状態だ。

 まさにそのような状態になりつつある。ただ、民主党の中には旧社会党、旧民社党、旧自由党…と、いろいろな政党出身者が同じ傘の下にまとわりついているので、引きをひとつ間違えばズブ濡(ぬ)れになってしまうから、お互いがことのほか慎重にならざるを得ないのだ。

 「今、一つにまとまりつつある民主党。そして自民党と対峙(たいじ)していこうとしている。小沢ではないが、これこそ堅固な団結力というものである。自民党が最も恐れるこの行動はもう間もなく始まるのである」(前出・政治ジャーナリスト)

 まだまだ、一波乱も二波乱もありそうな小沢辞任後の政界模様である。(文中敬称略)

【他にはこんな記事も!!】
あすの民主党代表選は変人対決 蛙男VS宇宙人
立ち乗り自動2輪「セグウェイ」日本市場に殴り込み
ソニー赤字転落 プレステは任天堂にボロ負け状態

■内外タイムスとは
当たる!!と評判の競馬から、文化、レジャー、芸能報道。野球、格闘技などのスポーツに、政・財界の内幕情報が満載の夕刊情報娯楽紙!


http://news.livedoor.com/article/detail/4156289/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。







参考になりますね。

takatakafc22
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
バイクいじりと思いつき日記

FC2Blog Ranking

MicroAd
プロフィール

takatakafc22

Author:takatakafc22
中古バイクのいじめ方や復帰方法を!趣味レベルの日記です。 お得な情報があれば、そんな事、あんな事も書きます。

無料ブログ記事自動作成ツール!
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者数
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。