スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿部寛、仲宗根陽さんの功績を改めて実感・・・ 映画『天国からのエール』初日


ご訪問ありがとうございます。





「天国からのエール」初日舞台挨拶 映画「天国からのエール」が公開され、都内劇場にて行われた上映後の舞台挨拶に、主演の阿部寛、共演者のミムラ、桜庭みなみ、矢野聖人、森崎ウィン、野村周平、そして熊澤誓人監督が登壇し、観客から温かい拍手で迎えられた。

【関連写真】「天国からのエール」撮影の裏側

本作は、夢を追う高校生たちのために沖縄の本部町に無料の音楽スタジオ「あじさい音楽村」を、私財を投じて設立。2009年にがんのため42歳で亡くなった故・仲宗根陽(なかそねひかる)さんの実話を基に映画化した感動作品。

阿部が挨拶を行おうとすると、会場から「ヒカルさ~ん!」と掛け声がかかった。その声に照れながらも阿部は「実在の人物を演じるということでプレッシャーも大きかったのですが、多くの人々に支えながら、仲宗根さんという情熱の人を演じさせていただきました」と仲宗根さんの人柄を称えながらコメント。続けて、「大人の役目として、夢をあきらめないようにと、若者たちの背中を押してあげることがある。それを仲宗根さんがやっていた」と作品に触れた。主人公の仲宗根さんを演じた阿部の作品への思い入れは強く、役作りも徹底して行った。そして、しっかりとした手ごたえを感じている様子だった。中でも、仲宗根さんが思いを残しながらも命を閉じた場面では、阿部は壮絶な姿をスクリーンに刻んでいる。

ヒカルさんの妻を演じたミムラもクランクアップ後に「多くの人々にこの作品を届けたいと強く思った」と作品への思い入れは深く、感慨深い表情で語った。劇中、高校生のバンド・メンバーを演じた桜庭、矢野、森崎、野村の4人は、それぞれに初日を迎えた喜びを口にした。バンドのギター練習も大変だったようだが、精一杯取り組んだことを明かしていた。みんなの頑張りと練習の成果は、是非スクリーンで見とどけたいところ。熊澤監督は「仲宗根さんが亡くなる前からとりかかり、映画化まで2年かかりました。実話なので特にリアリティを追求して撮りました」としみじみと語り、感無量の様子。

この後、撮影に全面協力し、キャストたちと交流を深めてきた故・仲宗根陽さんの夫人・美幸さんが登壇。キャストやスタッフにねぎらいや感謝の思いをこめた手紙を披露し、阿部たちを大感激させた。美幸さんは、撮影中に阿部の姿が何度も亡くなった仲宗根さんとかぶることがあったという。そして、「阿部さんは人の痛みが分かる方、演じてもらえて良かった」と読み上げる場面では、阿部は大感激、涙をにじませていた。

映画「天国からのエール」は10月1日より新宿バルト9ほかにて公開中。

■関連情報
「天国からのエール」作品情報
「天国からのエール」公式サイト

■関連リンク
阿部寛が人生初のライブハウス体験!映画に何倍もの意味を与えた主題歌「ありがとう」に感激。
「天国からのエール」で渾身の演技で魅せた阿部寛、「沖縄が第2の故郷になりました」
『天国からのエール』特集第2弾:撮影の裏側
「天国からのエール」あじさい音楽村は、居場所のなかった若者たちの未来を切り拓いた
“ニイニイ”と慕われた夫。彼は、お金ではけして買えないものを遺していった。感動の実話「天国からのエール」


http://news.livedoor.com/article/detail/5904455/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


<阿部寛>7キロ減でがん患者役に 「姿重なった」と主人公の妻も涙 映画「天国からのエール」公開
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111001-00000011-mantan-ent



参考になりますね。

takatakafc22
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
バイクいじりと思いつき日記

FC2Blog Ranking

MicroAd
プロフィール

takatakafc22

Author:takatakafc22
中古バイクのいじめ方や復帰方法を!趣味レベルの日記です。 お得な情報があれば、そんな事、あんな事も書きます。

無料ブログ記事自動作成ツール!
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者数
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。