スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

700馬力で、0-100km=3.5秒!驚異のスーパー電気自動車、登場!


ご訪問ありがとうございます。



写真拡大700馬力で、0-100km=3.5秒!驚異のスーパー電気自動車、登場!
地球上で最もパワフルであると銘打っている電気自動車が、フランクフルト・モーターショーでいよいよお披露目となる。ボンネットの下にある技術がニセモノではなく、人を大変幸せにしてくれる存在であることが証明されるときだ。

Quimera All Electric GT(AEGT)はモーターが3つ(!)もあるスーパーカーである。700馬力を誇り、停止状態から時速62マイル(約100km)まで3.5秒で到達する。炭素繊維が大量に使用されているので、重量は3,300ポンド(約1,485kg)と軽い。ニュルブルクリンクで記録を達成したトヨタのP001より約1,200ポンド(約540kg)重いが(9月7日付け英語版記事参照)、この2車種のレースがあれば金を払ってでも見に行く価値はあるだろう。

AEGTはリチウムポリマーのバッテリーを搭載し、1回のチャージで30分間コース上での走行が可能である。この車のビデオを見ると、ほとんどのドライバーはもう少し走らせたい、2、3周分のチャージ時間なら待ってもいい、と考えるのではないか。

Quimeraについて知らなくとも無理はない、なにしろ自動車会社ではないからだ。世界的な知名度を持つ巨大多国籍企業や政府、研究機関からなる合弁会社で、エコな都市生活を行うために、スクーターやそのエネルギー源を開発することも含めて、垂直統合を促進する共同研究を行っているという。しかし、最初にQuimeraがなすべきことは、電気自動車がまったくもって性質の悪いものにもなりうることを証明することである。それが彼らのビジネスプランだからだ。

「AEGTは、卓越した技術すべてをテストするための生きた実験室です」Altranの機械工学担当役員であるアルフォンソ・マルティネスはこう述べる。Altran はAEGTプロジェクトに主要な技術を提供している会社だ。「最初のプロトタイプは短時間で設計されました。ユニークなアイデアの妥当性を検証し、車両の性能をテストすることだけがその目的でした」。






TEXT BY Keith Barry
TRANSLATION BY GMOスピード翻訳/鈴木真一「700馬力で、0-100km=3.5秒!驚異のスーパー電気自動車、登場!」の写真・リンク付きの記事はこちら




【関連記事】
・ 反対者が多いと頑固になる:実験で確認
・ 難問のタンパク質構造をゲーマーが解析
・ 世界進出すすむ「中国のGoogle」、百度
・ ガジェットを全部装着できる上着
・ 700馬力で、0-100km=3.5秒!驚異のスーパー電気自動車、登場!



http://news.livedoor.com/article/detail/5878807/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


秋の全国交通安全運動:高齢者事故防ごう 各署で啓発活動--きょうから /埼玉
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110921-00000073-mailo-l11



バイク関連のアイテムを探したきますので、またお越し下さいませ~。

takatakafc22
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
バイクいじりと思いつき日記

FC2Blog Ranking

MicroAd
プロフィール

takatakafc22

Author:takatakafc22
中古バイクのいじめ方や復帰方法を!趣味レベルの日記です。 お得な情報があれば、そんな事、あんな事も書きます。

無料ブログ記事自動作成ツール!
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者数
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。