スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤマハ発、オフロードバイクの2012年モデルが登場


ご訪問ありがとうございます。



写真拡大ヤマハ発動機は高い性能を持つプレミアムバイクとして支持がある「WR250R」及び「WR250X」のグラフィック等を変更し、9月30日より発売すると発表した。(写真はWR250R) オートバイは大きく分けて、舗装路を走らせるロードバイクと未舗装路を走る事ができるオフロードバイクの2種類となっている。一般的に、ロードバイクの方が認知度が高く人気を集めているが、バイクとの一体感を大自然の中で味わえるオフロードバイクにも根強いファンがいるという。
 そのような中、ヤマハ発動機 が250ccの水冷4ストロークDOHC単気筒4バルブ・F.I.エンジンをアルミ製フレームに搭載した「WR250R」及び「WR250X」のグラフィック等を変更し、9月30日より発売すると発表した。「WR250R」は、モトクロッサーYZイメージの“ディープパープリッシュブルーソリッドE”についてスプラッシュをイメージした躍動感あるグラフィックを新たに採用。“ヤマハブラック”は、「WR250X」で好評のカーボンパターンを織り込んだグラフィックとマフラーカバーをシルバーに変更している。また、「WR250X」の“ヤマハブラック”は、カーボンパターンを織り込んだ新グラフィックとブラック&グレーのシートを採用し精悍な機能美をアピール。スポーティ&アーバンテイストを強調した“パープリッシュホワイトソリッド1”は継続としている。
 「WR250R」は、国内市販オフロードモデル唯一アルミ製フレーム採用のモデルで、軽量でコンパクトなボディと専用設計の小型高性能エンジンにより、軽二輪(250cc)オフロードイメージを大きく超えたパフォーマンスを備えるモデルとして高い支持を得ている。スーパーモタードイメージの「WR250X」は「WR250R」と車体フレームを共通としながら、前後17インチタイヤを採用するなど、クール&スタイリッシュなフォルムとして街中での軽快な走行性を備えるモデルだという。
 国内市場の250ccクラスはビッグスクーターとよばれるオートマチックモデルに一時期、人気が集中していたが、近年、マニュアル変速のスポーツバイクの人気がまた、盛り返してきている。この「WR250R」「WR250X」は高い性能を持つプレミアムバイクとして支持があり、2012年モデルの販売傾向にも注目が集まる。(編集担当:宮園奈美)
関連記事
2011年は本格的普及へ、電動バイク市場の夜明けホンダの参入で、いよいよ「電動バイク市場」が本格な動きへ世界の2輪市場をけん引、ヤマハとホンダが主力商品の販売を強化電動バイクは縮小する二輪車市場の救世主となるか −高田 悟−ヤマハ、ホンダ参入で活発化「電動バイク市場」 ベンチャー企業や中国など新興国も牽引役に


http://news.livedoor.com/article/detail/5873936/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


ヤマハ発、オフロードバイクの2012年モデルが登場
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110919-00000030-scn-ind



バイク関連のアイテムを探したきますので、またお越し下さいませ~。

takatakafc22
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
バイクいじりと思いつき日記

FC2Blog Ranking

MicroAd
プロフィール

takatakafc22

Author:takatakafc22
中古バイクのいじめ方や復帰方法を!趣味レベルの日記です。 お得な情報があれば、そんな事、あんな事も書きます。

無料ブログ記事自動作成ツール!
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者数
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。