スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めったに乗れない中国車と韓国車に乗ってみた【ジャカルタモーターショー11】


ご訪問ありがとうございます。



だいたい大きめの自動車メーカーは、これから自動車が増えるであろう地域になるべく小さく安いクルマを作ってたくさん売ろうとしています。スクーター代わりにってことですね。

インドネシアなどもまさにその対象のようで、各社ともコンパクトカーを展示しています。

その中で、韓国車と中国車に座ってみましたのでその印象をお届けします。

韓国のKIA picantoのほうは、日本車と変わらないくらいの質感を持っていて、しっかり具合はそれ以上かも知れません。ドアの建て付けや、シートのカタさ、張りなど、ヨーロッパで好まれそうな感じです。





1.2リッターにCVTの組み合わせです。





後席に座った印象も、しっかりパッケージを考えてあると思われます。



クルッとまわってカップホルダーになる小物入れがアイデアだと思いました。







それに対して中国のGEELY PANDA。



他国のクルマじゃなくパンダに似せたやっと中国オリジナルなデザインの印象です。



こちらのイメージは柔らかです。



しっかりしていないという訳ではありませんが、なんだかほんわか。特にシートはコシがないクッションのようです。インパネ、プラスチックの質感も比べると劣っています。



1.3リッターエンジンにマニュアルミッションが組み合わされてます。





モノとしていいのは韓国車でしょう。けれど、値段も含め、これから初めてのクルマを買う人々に受け入れられるのはどのラインか、という問題かもしれないと思いました。

(小林和久)







■関連記事
・懐かしのカローラ30に出会いました【インドネシア自動車事情】
・ジャカルタの中古車店で自動車の人気ランキングを聞いてみました【インドネシア自動車事情】
・スズキAPVに乗ってみました【インドネシア自動車事情】
・インドネシアドライブ情報その② ジモティしか行かないビーチ【バリ島庶民編】
・これぞナシチャンプルな多民族系キャンギャル【ジャカルタモーターショー11】



http://news.livedoor.com/article/detail/5729838/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


【インド】【インフラ特集】双日、日系初の工業団地開発:中小企業の南部進出後押し
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110823-00000016-nna-int





takatakafc22
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
バイクいじりと思いつき日記

FC2Blog Ranking

MicroAd
プロフィール

takatakafc22

Author:takatakafc22
中古バイクのいじめ方や復帰方法を!趣味レベルの日記です。 お得な情報があれば、そんな事、あんな事も書きます。

無料ブログ記事自動作成ツール!
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者数
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。