スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコ住宅への新たな試み、水素アパートとは?


ご訪問ありがとうございます。



製鉄所のシンボルともいえる高炉の大きさを考えると、鉄鋼業が環境に及ぼす影響ははかりしれません。特に、鉄鉱石から製品作りまでを一貫して行う大規模な製鉄所には、環境面で課される課題は少なくないのです。
例えば、1トンの鉄鋼製品をつくるのに約100トンも使われると言われる水は、工業用水から確保しているそうですが、使用した水は90パーセント以上、回収処理して再利用しているそうです。
また、コークス(石炭を1000~1300℃で16~18時間蒸し焼きにしたあと、急激に冷却してできるもの。石炭より熱量が高く、その高い熱量が鉄鉱石を溶かします)炉や高炉から発生する一酸化炭素を主成分とする可燃性ガスは、製鉄所内の他の熱源として使われているそうです。その量たるや、製鉄所内のすべての熱源をまかなうほどでそのための配管が至る所にはりめぐらされているのだとか。
ちなみに、新日本製鐵株式会社の場合、製鉄所内の設備で総使用電力の92%を発電。残りの8%のみを外部から購入しているそうです。
大きな課題のひとつは二酸化炭素排出量の削減そして、高炉やコークス炉などから発生する二酸化炭素排出量のさらなる削減は、鉄鋼業界に課された大きな課題です。というのも「鉄鋼業は日本で人為的に排出される二酸化炭素排出量の約14パーセント強も占めている」というデータもあるほどで、その原因は鉄をつくる原料のひとつである石炭にあるのです。そこで、石炭に代わる水素の活用についての研究が進められています。
水素の利用は「地球の環境を考えれば望ましい」とされているものの、コストがネックと言われています。もちろん、このための取り組みもなされています。新日鉄は、平成14年度から経済産業省が実施している「水素・燃料電池実証プロジェクト」に参画、製鉄プロセスを活用した「液体水素製造技術開発」実証設備を平成16年から稼働させ、コークス炉から発生するコークス炉ガスから「水素」を分離・精製して液体水素を効率的に製造する試みがなされています。
水素の活用でスズキと協働この水素は、課題がありつつも各地に設置された水素供給ステーションを通じて燃料電池自動車実証実験に利用されるという計画で進められています。つい先日の5月17日には、スズキ株式会社と新日本製鐵株式会社の恊働で、日本初の水素燃料電池二輪車実証走行実験が開始されたというニュースがありました。新日鉄の製鉄所で発生した水素を活用する北九州水素ステーションを拠点に、スズキが開発したスクーターを新日鉄の子会社が約1年の間公道で使用し、データを集めるという実験です。
スズキによると、実証で使う水素電池燃料二輪車の最高速度は時速約60キロ、1回の水素充填(じゅうてん)で百数十キロの走行が可能なのだそうです。将来的には価格を百万円以下に抑えることが目標なのだとか。実験の結果が期待されます。
新しい試み、「水素アパート」とは?!同じく、新日本製鉄八幡製鉄所で発生した水素を活用した例としては、他にも、興味深い例があります。新日本製鉄は、発生する水素を使って、二酸化炭素をまったく出さない燃料電池で 電力を賄う「水素アパート」の賃貸事業を昨年開始したそうです。
これは、住宅メーカーの新日本ホームズ(非上場)とNPO法人里山を考える会がアパート建設と賃貸事業を運営、八幡製鉄所が副次的に出される水素を提供、そしてLPガスの卸売りで最大手の岩谷産業株式会社が燃料電池設備を提供することで実現した新しい事業です。
製鉄所で発生した水素が住宅用の発電に再利用されているなどというのは、私のような門下外には想像もつきませんが、これは世界でも初めての試みなのだとか。生活に必要な電力の約7割はこの燃料電池でまかなえるそうで、その電気料金はなんと無料というからありがたい。水素アパートは世界各地で広まる可能性もあり、こんな究極の「エコ住宅」が広まれば、二酸化炭素排出量の低減に大きく貢献できそうですね。
このように、鉄鋼業界の環境対策は、いかに悪い影響を減らすかという視点を超えて、いかに副生物を活用するかという視点で取り組まれているのです。



■関連記事
・東京ミッドタウンや成田空港にも使われている「ステンレス」が錆びない理由
・足りないのも摂り過ぎもダメ!体内の鉄と上手に付き合おう
・海藻から鉄ができた?!私たちの生活に欠かせない鉄の秘密



http://news.livedoor.com/article/detail/5653591/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


女性狙ったひったくり4件相次ぐ…松戸
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110715-00000386-yom-soci





takatakafc22
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
バイクいじりと思いつき日記

FC2Blog Ranking

MicroAd
プロフィール

takatakafc22

Author:takatakafc22
中古バイクのいじめ方や復帰方法を!趣味レベルの日記です。 お得な情報があれば、そんな事、あんな事も書きます。

無料ブログ記事自動作成ツール!
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者数
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。