スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジア二輪車産業2011<タイ国編>


ご訪問ありがとうございます。





~ 日本に代わる開発・生産拠点としての可能性を秘めたタイ国二輪車産業にフォーカス!タイ二輪車の生産/販売/輸出台数推移、市場シェア他のデータ満載!高度化が進むタイの二輪車産業部品メーカーについても徹底調査! ~ 【資料概要】タイ国の二輪車市場の産業構造と特徴を、現地での直接取材と公式データに基づく最新情報から追跡!タイ部品 (二輪・四輪) 産業の強さの秘密を探る!
当資料 『アジア二輪車産業2011 <タイ国編>』 には、タイ国の二輪車産業の概況、主要メーカー各社の生産台数/販売台数/輸出台数推移、各社の販売シェアと主力商品、二輪車産業における主要組立メーカーに関する詳細な企業情報と各社の主力ブランド/サプライヤ一覧、二輪車主要部品メーカー41社の企業情報を採録、また、世界の二輪車産業の9割以上を占めるアジア5ヵ国プラス台湾を対象とした、最新の二輪車産業情報がまとめられています。
▼ 『アジア二輪車産業2011』 シリーズ
≫ 『アジア二輪車産業2011 <ベトナム編>』
≫ 『アジア二輪車産業2011 <中国・インド編>』
(『アジア二輪車産業2011』 - はじめに - より)【世界の二輪車産業概況】
≫ 本サイトにてレポート本文の一部サンプルを公開中【日本の二輪車産業について】
≫ 本サイトにてレポート本文の一部サンプルを公開中【アジア5 ヵ国プラス台湾 二輪車産業概況】
≫ 本サイトにてレポート本文の一部サンプルを公開中【『アジア二輪車産業2011 <タイ国編>』 レポートサンプル】【3年ぶりに年間生産台数が 200万台を超えた 好調なタイ二輪車産業】
■ タイ国二輪車産業の歴史
タイで二輪車生産が始まったのは、1960年代後半。1966~1968年にかけてホンダ、ヤマハ、スズキの日系3社が相次いでCKD輸入による現地組立を開始。タイでは1978年から二輪車完成車の輸入が原則として禁止され、輸入税は40%となった。1984年には輸入税を60%に上げ、部品国産化に強制調達品目を指定。1985年から、二輪車完成車に輸入課徴金20%を課し、部品の輸入税も30%から40%に引き上げた。1986年には150cc以下のエンジン国産化が政府投資委員会 (BOI) の投資奨励事業となり、1989年のエンジン部品国産化率30%に始まり、1993年の80%へ段階的に引き上げられた。二輪車部品国産化政策により、タイ工場への技術移転が図られ、タイ国内部品メーカ育成が図られた。
タイ政府は二輪車生産について、輸入規制の姿勢を保ってきたが、一転して1996年に二輪車完成車の輸入を解禁。二輪車部品の国産化規制は、1996年にエンジンを除く部品、1997年に150cc以下のエンジン部品について撤廃、2000年に完全に廃止された。二輪車税制は、1997年に二輪車の物品税は3%、1999年に150cc以下のエンジンの輸入税は33%となった。2002年からアセアン域内の輸入税は一律5%に引き下げられ、自由化が進展。
アセアン産業協力 (AICO)、共通効果特恵関税 (CEPT) スキームにより、アセアン域内の貿易関税が0~5%となり、日系メーカは域内の部品相互補完を進めた。とくにエンジン部品など設備投資がかかる部品では、投資効率を上げるために、AICO・CEPTスキームを活用することが多かったが、近年、各国の二輪車生産規模が増加したため、部品を各国で生産する傾向が強まっている。
タイの二輪車生産台数は2010年、3年ぶり (2006年は 2,079,555台) に年間200万台を超える 2,026,401台 (TAIA 速報値) となった。国内販売も前年 (2009年) 比で約2割増の 1,845,997台 (TAIA速報値、タイ陸運局速報値では 1,846,005台になっている) となり、好調な四輪車と並行するかたちで、タイの二輪車産業は推移した。
タイでは1980年代後半から1990年代半ばにかけて、二輪車で 「ファミリースポーツ」 という他国にはみられないタイプの二輪車が目立つようになり、一時期はタイで販売される二輪車の大半を占めた。「ファミリースポーツ」 タイプは 「カブ」 タイプからレッグシールドをはずし、外観をよりスリムにした構造で、ファッション性を好むタイ人顧客の要望に対応して日系メーカが投入したもの。またこの時期、小排気量で高出力が出せる2 ストロークの需要が強く、タイ二輪車市場の大半を占めた。
ホンダは1987年に、2ストロークでクラッチ付きのファミリースポーツタイプ 「Nova」 を投入し、販売シェアを上げている。タイ政府は1990年代前半から段階的に排ガス規制を強化、4ストローク車の生産を奨励。燃費が良く耐久性に優れた4ストロークの需要が徐々に高まり、ホンダは1997年に、4ストロークファミリータイプ 「Wave」 を投入。現在、タイ国内販売二輪車は4ストローク・エンジンが主流になっている。また 「ファミリースポーツ」 タイプは徐々に縮小している。また、燃料系では燃料噴射装置の搭載比率が高まり、2010年では半分を超え63%になっている。
■ タイの二輪車生産台数と販売台数の推移

■ タイの二輪車メーカ
2011年現在、タイの二輪車メーカは Thai Honda Manufacturing Co.,Ltd.、Thai Suzuki Motor Co.,Ltd.、Kawasaki Motors Enterprise (Thailand) Co.,Ltd.、Thai Yamaha Motor Co.,Ltd. の日系4社と地元タイ系のMillennium Motors Co., Ltd. (タイガー)、マレーシア系のJRD Bright Motor Industries Co., Ltd.、中国の力帆 (2010年11月、タイ・ラヨーン県のタイ中国工業団地で、力帆の海外で3ヵ所目の工場となる力帆タイ工場の操業を開始) の合わせて7社。現在Millennium Motors は中古車販売をメインとしており、二輪車事業は中国の宗申からエンジンを輸入しタイで組立 (一応タイガーは唯一のタイ国産メーカとうたっているが) 販売している。
JRD Bright Motorはタイ南部Hatyaiに2000年工場を設立し、現在も操業をおこなっているが、生産規模は縮小傾向にある。力帆については操業開始間もないため、まだハッキリしない。以上の様に、タイ二輪車産業メーカ群はホンダをはじめとする日系企業でほぼ100%を占めている状態と言える。
【『アジア二輪車産業2011 <タイ国編>』 収録サンプル図表】■ タイ 二輪車 主要ブランド/メーカの販売台数推移

■ タイ 二輪車 タイプ別販売

■ タイ 二輪車 モデル別販売ベスト10 (2010年速報値)

■ タイ メーカ別二輪車輸出台数推移

▼ 資料目次  はじめに・ 世界の二輪車産業概況
・ 日本の二輪車産業について
  1. 世界の二輪車産業の9割以上をカバーするアジア5ヵ国プラス台湾二輪車産業概況・ アジア5ヵ国 [中国、インド、インドネシア、ベトナム、タイ] の二輪車生産台数推移 (2000~2012年)
・ アジア5ヵ国 [中国、インド、インドネシア、ベトナム、タイ] の二輪車販売台数推移 (2000~2012年)
減速が鮮明になったが過去最高の生産台数を記録した中国二輪車産業
- 新たな内需拡大策を必要とする中国二輪車産業
- 生産
- 販売
- 輸出
堅調に伸びるインド中国二輪車産業
- 需要がますます伸びると考えられるインド二輪車産業
- 生産
- 販売
- 輸出

勢いのあるインドネシア二輪車産業 ホンダは400万台、ヤマハは360万台
スクーター(AT)タイプが牽引するベトナム二輪車産業
3年ぶりに年間生産台数が200万台を超えた好調なタイ二輪車産業
三陽工業と光陽工業のマザーマーケット 台湾二輪車産業
  2. 産業の高度化が進むタイ国二輪車産業・ 二輪車産業と四輪車産業の産業金額規模推移 (1996~2010年)
・ 二輪車生産台数と販売台数・輸出台数の推移 (2000~2012年、2011~2012年は予測)
・ 四輪車生産台数と販売台数・輸出台数の推移 (2000~2012年、2011~2012年は予測)
・ 突然襲った危機 - 東日本大震災
 - 鍵を握るルネサス エレクトロニクス
 - 東日本大震災のタイへの影響と今後の見通し
・ 独自の発展をしたタイ国二輪車産業
・ 今後のタイ国二輪車産業の可能性
  3. タイ国二輪車産業 <生産・販売・輸出>タイ国二輪車産業 <生産>
・ 二輪車生産台数推移 (2000~2012年、2011~2012年は予測)
・ メーカ別、二輪車生産台数推移 (2008~2011年、2011年は見込)

タイ国二輪車産業 <国内販売>
・ 二輪車の販売価格
・ 二輪車タイプ別販売台数推移 (2000~2012年、2011~2012年は予測)
・ メーカ別二輪車販売台数推移 (2008~2011年、2011年は見込)
・ メーカ別二輪車販売台数シェア (2010年)

タイ国二輪車産業 <輸出>
・ メーカ別二輪車輸出台数推移 (2008~2011年、2011年は見込)
  4. タイ国二輪車産業 <主要組立メーカ>Thai Honda Manufacturing Co.,Ltd.
・ 主な製造販売二輪車 (2011年)
・ 二輪車 生産、国内販売、輸出実績 (2008~2011年、2011年は見込)
・ 主なサプライヤ一覧
Thai Yamaha Motor Co.,Ltd.
・ 主な製造販売二輪車 (2011年)
・ 二輪車 生産、国内販売、輸出実績 (2008~2011年、2011年は見込)
・ 主なサプライヤ一覧
Kawasaki Motors Enterprise(Thailand)Co.,Ltd.
・ 主な製造販売二輪車 (2011年)
・ 二輪車 生産、国内販売、輸出実績 (2008~2011年、2011年は見込)
・ 主なサプライヤ一覧
Thai Suzuki Motor Co.,Ltd.
・ 主な製造販売二輪車 (2011年)
・ 二輪車 生産、国内販売、輸出実績 (2008~2011年、2011年は見込)
・ 主なサプライヤ一覧
その他の組立メーカ
  5. タイ国二輪車産業 <主要部品メーカ一覧表 (社名アルファベット順) 481社>・ 主要部品メーカ一覧 481社 ※ 組立メーカ含む [企業名 / 部品種類 / 生産品目]
・ タイ部品 (二輪・四輪) 産業の強さの秘密
  6. タイ国二輪車産業 <主要部品メーカ詳細 (社名アルファベット順) 41社>・ Ampas Industries Co., Ltd. (タイ企業)
・ Art-Serina Piston Co., Ltd. [アート金属工業]
・ Asahi Tec Metals (Thailand) Co., Ltd. [旭テック]
・ Asian Autoparts Co.,Ltd. [ホンダ、タイ・サミットグループ]
・ Atsumitec (Thailand) Co., Ltd. [アツミテック]
・ Bangkok Diecasting And Injection Co., Ltd. (タイ企業)
・ Bangkok Foam Co., Ltd. [イノアックコーポレーション]
・ Bestex (Thailand) Co.,Ltd. [ベステックスキョーエイ、増田製作所]
・ Daido Sittipol Co., Ltd. [大同工業]
・ Daisin Co., Ltd. [日信工業]
・ Dyna Metal Co., Ltd. [大同メタル工業]
・ Enkei Thai Co., Ltd. [エンケイ]
・ Exedy (Thailand) Co., Ltd. [エクセディ]
・ FCC (Thailand) Co., Ltd. [エフ・シー・シー]
・ Honda Lock Thai Co., Ltd. [ホンダロック]
・ International Casting Co., Ltd. [ヤマハ発動機]
・ Keihin (Thailand) Co., Ltd. [ケーヒン]
・ Keihin Metal (Thailand) Co., Ltd. [日信工業]
・ KYB (Thailand) Co., Ltd. [KYB(カヤバ工業)]
・ Michelin Siam Co., Ltd. (仏国系企業)
・ Mikuni (Thailand) Co., Ltd. [ミクニ]
・ Musashi Auto Parts Co., Ltd. [武蔵精密工業]
・ NHK Precision (Thailand) Co., Ltd. [日発精密工業]
・ Nissin Brake (Thailand)Co., Ltd. [日信工業]
・ Nittan(Thailand)Co.,Ltd. [日鍛バルブ]
・ Siam Goshi Manufacturing Co., Ltd. [合志技研工業]
・ Siam GS Battery Co.,Ltd. [ジーエス・ユアサ コーポレーション]
・ Siam NGK Spark Plug Co.,Ltd. [日本特殊陶業]
・ Summit Showa Manufacturing Co.,Ltd. [ショーワ、タイ・サミットグループ]
・ Thai Kikuwa Industries Co.,Ltd. [菊和]
・ Thai Nippon Seiki Co.,Ltd. [日本精機]
・ Thai Stanley Electric Public Co.,Ltd.. [スタンレー電気]
・ Thai Steel Cable Public Co.,Ltd. [ハイレックスコーポレーション]
・ Thai Summit Mitsuba Electric Manufacturing Co.,Ltd. [ミツバ、タイ・サミットグループ]
・ Thai Toyo Denso Co.,Ltd. [東洋電装]
・ Thai Yanagawa Co., Ltd. [柳河精機]
・ Y.S.S. (Thailand) Co., Ltd. (タイ企業)
・ Yamaha Motor Electronics (Thailand) Co.,Ltd. [ヤマハモーターエレクトロニクス (旧モリック)]
・ Yanagawa Techno Forge (Thailand) Co.,Ltd. [柳河精機]
・ YS Tech (Thailand) Co., Ltd. [ユタカ技研]
・ Yuasa Batery (Thailand) Public Co.,Ltd. [ジーエス・ユアサ コーポレーション]
商品名アジア二輪車産業2011<タイ国編>発刊2011年5月 発行株式会社 工業調査研究所 調査株式会社 工業調査研究所 販売PLANiDEA SurveyReport運営事務局 判型A4判 253ページ
レポート詳細・お問合せ・ご注文はこちらから
 関連レポート■ アジア二輪車産業2011<中国・インド編>
[キーワード] 中国二輪車産業 中国二輪車主要部品メーカー インド二輪車産業 インド二輪車主要部品メーカー アジア二輪車市場シェア インドネシア二輪車市場 ベトナム二輪車市場 タイ二輪車市場 アジア二輪車生産台数 アジア二輪車輸出台数
■ アジア二輪車産業2011<ベトナム編>
[キーワード] ベトナム二輪車産業 ベトナム二輪車部品メーカー ベトナムスクーター市場動向 ベトナム二輪車販売シェア ベトナム二輪車生産台数 ベトナム二輪車販売台数 ベトナム二輪車輸出台数 ベトナム二輪車市場 ベトナムVMEP アジア二輪車産業
■ 中国自動車産業2010
[キーワード] 中国自動車産業 中国乗用車市場 中国自動車出荷台数 中国メーカー別乗用車出荷台数 中国自動車生産台数 中国自動車輸出入台数 上海汽車 第一汽車 東風汽車 中国BYD
■ インド自動車産業2010
[キーワード] インド自動車市場シェア インド自動車販売台数 インド自動車生産台数 インド自動車輸出台数 インド自動車部品サプライヤ インド自動車部品メーカー インド自動車部品市場 インド自動車産業 インド自動車メーカー タタ自動車
■ タイ自動車産業2010
[キーワード] タイ自動車市場 タイ自動車産業 タイ自動車生産台数 タイ自動車販売台数 タイ自動車輸出台数 トヨタモータータイランド ホンダオートモービルタイランド GMタイランド Siam Motors and Nissan 三菱モーターズタイランド



http://news.livedoor.com/article/detail/5653240/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


ムンバイで連続テロ、死者は21人:13日夕刻
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110715-00000003-indonews-int





takatakafc22
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
バイクいじりと思いつき日記

FC2Blog Ranking

MicroAd
プロフィール

takatakafc22

Author:takatakafc22
中古バイクのいじめ方や復帰方法を!趣味レベルの日記です。 お得な情報があれば、そんな事、あんな事も書きます。

無料ブログ記事自動作成ツール!
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者数
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。