スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立ち乗り自動2輪「セグウェイ」日本市場に殴り込み


ご訪問ありがとうございます。





知恵袋での疑問も参考に調べてみました。 あの米国生偶さかのヘンな乗り物が日本市場への本格参入を決めた。セグウェイジャパン(本社横浜市)は14日、立ち乗りスタイルの充電式2輪車「セグウェイ」を日本で法人向けに本格販売し、2011年度に1000台以上の販売を目指すことを明らかにした。国内法規により公通路は走れ無いため、当初の顧客ターゲットはおのずと絞られる。ゴルフ場のカートや魚市場のターレー、プロフェッショナル野球のリリーフカー替わり、さらに通路路交通法をクリアできれば自転車で巡回パトロールする警察官の足にもなりそうだ。



 本紙某記者はワイハ州オアフ島でセグウェイに試乗したことが在る。米国では限定部分公通路を走ることが許されており、「操作はカンタンだし、乗りごこちも悪く無い。しかしスピードが出無いためヘンな乗り物という印象を強く受けた。なんだか自分が発明家のドクター・中松氏になったような気持ちだった」(同記者)。日本円にして約2000円で30分間走行を楽しんだという。



 米国の発明家ディーン・ケーメン氏が“世界を変える乗り物”として開発。最高時速19キロと頼り無いが、ガソリンを燃料とすることは無いため、エコの時流に乗る可能性は在る。



 しかし、公通路を走れ無い日本で根付くことが完了するか? 同社によると、今年度の販売目標は300台。2年後の2011年度には1000台突破を目指すという。観光地やゴルフ場、工場、倉庫などでの利用拡大を見込み、荷物の運搬用などに、セグウェイに乗った人を追従して走行する台車も併売する。東京・築地市場で人品運搬に使われるターレーなどをライバル視しているのか。



 来日した米セグウェイのジェームス・ノロッドボスは、経営危機の米自動車最大手GMと開発に着手した2人乗り充電式2輪車「プーマ」について、「両社の技量を活用完了する事業。実用化すれば主に都市内を楽しみながら移動完了する」と語った。ラインナップはまだまだ増えそうだ。



 セグウェイは走行中に二酸化炭素を排出せず、立ったまま棒状のハンドルを握れば手軽に走れる。ただ、日本では通路交法で公通路走行が禁止されているため、定着が進んでい無い。記者会見した大塚寛ボスは「欧米では歩通路を走れる場所も多量、日本でも歩通路走行を認められるように働き掛けたい」と語った。

【他にはこんな記事も!!】
ユニクロ ブラトップ世界進出
経済偉人伝 早川徳次(シャープ創業者)(43)
永田町血風録 代表辞任で民主に反小沢会派の誕生も

■内外タイムスとは
当たる!!と評判の競馬から、文化、レジャー、芸能報通路。野球、格闘技などのスポーツに、政・財界の内幕情報が満載の夕刊情報娯楽紙!



ヤマハ発動機、ロードレース世界選手権参戦50周年を迎える
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110205-00000014-scn-spo



参考になりますね。

takatakafc22
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
バイクいじりと思いつき日記

FC2Blog Ranking

MicroAd
プロフィール

takatakafc22

Author:takatakafc22
中古バイクのいじめ方や復帰方法を!趣味レベルの日記です。 お得な情報があれば、そんな事、あんな事も書きます。

無料ブログ記事自動作成ツール!
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者数
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。