スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スズキの燃料電池スクーターが「欧州統一型式認証」を取得


ご訪問ありがとうございます。




 スズキ株式会社 は9日、同社が現在、英国で実証実験を行っている燃料電池スクーター「バーグマン フューエルセル スクーター」が、二輪車、四輪車の燃料電池を搭載した車両としては世界で初めて「欧州統一型式認証:WVTA」を取得したと発表した。
 燃料電池スクーター「バーグマン フューエルセル スクーター」は、スズキが2009年10月の第41回東京モーターショーに出品した、燃料電池システムを搭載した二輪車。街乗りに適したスクーター「バーグマン」をベースに、軽量コンパクトな空冷式燃料電池を搭載し、水素タンクをフレーム内にレイアウトしている。同社は、燃料電池で発電した電力でモーターを駆動し、水だけを排出する環境性能に優れた二輪車として実用化に取り組んできた。
 スズキは、英国の燃料電池システムの開発企業である「インテリジェント・エナジー」社と共同で、英国の技術開発を促進する政府機関(Technology Strategy Board、TSB)が主催する燃料電池車の実証実験に、2010年2月より参加している。実証実験は、英国中部のラフバラ大学を中心とした地域で行なわれており、スズキは「バーグマン フューエルセル スクーター」1台を使って実証実験中で、今後さらに台数を追加する。
 これまで実証実験を行なう場合は、個別認証(車両1台ごとの検査制度:SVA=Single Vehicle Approval)を取得したうえで行なっていたが、今回「バーグマン フューエルセル スクーター」がその高い環境性能、安全性能が認められ、燃料電池搭載車として世界で初めて「欧州統一型式認証」を取得した。スズキでは、今後欧州域内の水素ステーション等のインフラ整備の進展状況にあわせ、環境性能に優れた燃料電池スクーターの普及に努めていく。(編集担当:金田知子)


■最新記事
スズキ、ジュネーブ展に「スイフト」コンセプトカーを参考出品
スズキ(7269)、「スイフト」が世界累計販売200万台を達成
スズキ、自社ブランド輸入小型車「スプラッシュ」を一部改良して発売
スズキ、自動車教習生が対象の「新型ソリオ」など試乗会を開催
スズキ(7269)、新感覚の軽乗用車の新型「MRワゴン」発売


http://news.livedoor.com/article/detail/5400379/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。











dp0ju_horse_stuffさん

スクーターが流行ってますね、でも。
MTじゃないならバイクと呼んで欲しくないですよね?




ベストアンサーに選ばれた回答


rte45e2さん


MTじゃなきゃバイクじゃないなんて所詮はMTオタの妄想から来る戯れ言。
正直その主張は傍目から見ててかなり痛い。

はっきり言えることはMTオタどもは
あくまでオタクでありライダーじゃない(笑)

ライダーならスクーターも立派なバイクと認める良識をもってる。
そもそも、よくスクーターは一体感や
趣味性がどうとかいう輩もいるが、
バイク毎に目指した特性も趣味性も違うのに、
如何にもスポーツ性がバイクの全てと位置づけるなんて、
バイクをまるで判ってない奴の言い分。
奴らハーレーやゴールドウイングみたいな
アメリカンやグランドツアラーでも
ニーグリップしっかり決めて
各ギアを高回転まで使い切って走るつもりかな?


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1127566751
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


【タイ】ホンダ、バイク目標引き上げ:国内外とも好調で10%上積み
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110616-00000006-nna-int



参考になりますね。

takatakafc22
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
バイクいじりと思いつき日記

FC2Blog Ranking

MicroAd
プロフィール

takatakafc22

Author:takatakafc22
中古バイクのいじめ方や復帰方法を!趣味レベルの日記です。 お得な情報があれば、そんな事、あんな事も書きます。

無料ブログ記事自動作成ツール!
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者数
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。