スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤマハ発動機、ロードレース世界選手権参戦50周年を迎える

ご訪問ありがとうございます。




 国際モーターサイクリズム連盟(FIM)が統括し、1949年に始まった二輪ロードレースの最高峰カテゴリーであるロードレース世界選手権。ヤマハ発動機は、会社創立の1955年からレース活動に取り組み、1961年のフランスGPに野口種晴選手、伊藤史朗選手が初参戦した。以来、2011年のロードレース世界選手権参戦で50年目を迎えたという。
 これを記念して、2011年シーズン、MotoGPに参戦するヤマハファクトリーチームは、参戦マシンYZR-M1やチームのユニフォーム、ピット、トラックなどに50周年記念ロゴを使用。またGP参戦50周年の一環として、2月1日よりスペシャルサイトを公開している。
 同サイトの主なコンテンツは、歴史資料や貴重な写真の数々も交えながら、レース参戦の歴史を年度、ライダー、マシン毎に紹介するデータアーカイブ。また2011年のシーズンを通して、ヤマハレース史に欠かせない人物からのメッセージやインタビュー、さらにコラムや映像などを定期的に更新していくという。
 また、スペシャルサイトの開設に加え、過去のレースシーンが蘇るような様々なイベントも予定。その1つが、ツインリンクもてぎで開催されるMotoGP世界選手権シリーズ第3戦日本グランプリにおいて行われるメモリアルラン。ヤマハ初の500cc ファクトリーマシンである1974年のYZR-500やケニー・ロバーツが駆り優勝を果たした1978年のYZR-500など、伝説のマシンがサーキットで息を吹き返すという。
 ヨーロッパでも同様のイベントをアッセンで開催されるオランダGPで行う予定。このオランダGPで、ヤマハ所属のエースライダーであるロレンソとスピースの両選手は、GP参戦50周年記念のカラーリングを施したYZR-M1でスターティンググリッドに登場する予定だ。
 ヤマハ発動機の代表取締役社長である柳弘之氏は「50年の間には栄光もあれば失意のどん底を味わう時もありましたが、参戦を開始してから常にチャレンジスピリットで技術の研鑽に励み、世界中の皆様と感動を分かち合ってまいりました。おかげさまで昨年も世界最高峰のモトGPクラスで3冠を獲得し、3年連続して頂点を極める事ができました。これは、関係各位のご支援はもちろんのこと、参戦当初からのチャレンジスピリットが今も息づいている証だと確信しています。」と語る。
 また、ヤマハモーターレーシング(YMR)社長である北川成人氏も「世界経済の劇的な変化や厳しい経営環境下にあっても、一貫してWGPと言う舞台で世界中の人々に数々の感動のシーンを提供し、レースで培った優れた技術を魅力的な商品の開発に還元するという大きな役割も果たして来ました。50周年という節目の年を迎え、私達はこれまで活動を続け、レースを通じて新たな感動を創造する事、豊かな未来に貢献する技術を開発する事、次代を担う有為な人材を育成すると事、という基本的な命題を再確認し、次の50年に向けて力強いスタートを切りたいと思います」と意気込みを語った。
 ヤマハ発動機は2011年をメモリアルイヤーと位置づけ、様々なイベントを展開。MotoGPに参戦するヤマハファクトリーチームを盛り上げるとともに、今後もレースにより培った自動2輪マシンの技術力を商品に反映し、ユーザーにより良いマシンを提供していく構えだ。(編集担当:宮園奈美)


■最新記事
ヤマハ勢、世界最高峰で3年連続15回目のライダータイトルを獲得
MotoGP日本、新旧王者の激しいバトル
静岡・浜松に異色!?現役バイク選手が「婚活サロン」オープン
ヤマハ、MotoGP3年連続3冠に向け前半戦トップで折り返す
MotoGPカタルーニャ、ヤマハがメーカー最多の通算57勝目


http://news.livedoor.com/article/detail/5321834/

※この記事の著作権は配信元に帰属します。








知恵袋での疑問も参考に調べてみました。


aya_aya201さん

自動2輪の排ガス規制はいつから始まったのでしょうか?
平成何年式のバイクから規制されたバイクなのでしょうか?
ちなみに友人が排ガス規制前のバイクを探しているので質問したのですが、規制前と規制後では何が違うのでしょうか?
私が分かる範囲では2ストがなくなったくらいです。




ベストアンサーに選ばれた回答


uta_k100さん


平成10年排出ガス規制が設定されて、それが継続生産車にも適用される日付が、平成11年9月1日でした。その後、平成11年規制、平成12年規制と続きましたが、平成12年規制までは4ストと2ストそれぞれ別個の規制値でしたので、それらの適合車までは、2ストは生き残ってました。

現在施行されている平成18年排出ガス規制では、4ストと2ストの区別はなくなり、同じ規制値が掛かるようになったため、2ストが全滅してしまいました。平成18年排出ガス規制の適用時期は、

車種
第1種原動機付自転車(50cc以下)/軽二輪自動車(250cc以下)
国産新型車:平成18年10月1日
継続生産車及び輸入車:平成19年9月1日

第2種原動機付自転車(125cc以下)/小型二輪自動車(250ccを超える)
国産新型車:平成19年10月1日
継続生産車および輸入車:平成20年9月1日

排出ガス規制は、排気ガス中に含まれるNOx(窒素酸化物) HC(炭化水素) CO(一酸化炭素)の量を規制しています。四輪車の昭和53年排出ガス規制の頃はNOxを規制していませんでしたが、今ではディーゼル車のみ成らずガソリンエンジン車でもNOxを規制します。

http://www.env.go.jp/air/car/gas_kisei/kisei.pdf


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1025393635

※この記事の著作権は配信元に帰属します。


ヤマハ発動機、ロードレース世界選手権参戦50周年を迎える
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110205-00000014-scn-spo



参考になりますね。

takatakafc22
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
バイクいじりと思いつき日記

FC2Blog Ranking

MicroAd
プロフィール

takatakafc22

Author:takatakafc22
中古バイクのいじめ方や復帰方法を!趣味レベルの日記です。 お得な情報があれば、そんな事、あんな事も書きます。

無料ブログ記事自動作成ツール!
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者数
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。