スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホンダ:ネイキッドスクーター「ZOOMER」10周年モデル発売、鮮やかなカラーリング、スムーズな走り


ご訪問ありがとうございます。




写真拡大【6月14日、さくらフィナンシャルニュース=東京】Honda(東:7267)は、遊び心にあふれたデザインのネイキッドスクーター「ZOOMER」の発売10周年を記念し、専用色を施した「ZOOMER 10th Anniversary」を、6月16日(木)に受注期間限定で発売する、と発表した。

「ZOOMER 10th Anniversary」は、車体色とフレーム色を同色のホワイトとし、シリーズ初採用となるレッドのシートや同じくレッドの専用ロゴステッカーを組み合わせた鮮やかなカラーリングで、「ZOOMER」の持つ個性をより際立たせている。

「ZOOMER」は、新たなスクーターカテゴリーを創造するモデルとして、2001年6月に発売。車体にカバー類の無いネイキッドスタイルに、前・後の極太タイヤやデュアルヘッドライトを組み合わせた個性的なデザイン、遊びの自由度を広げるシート下の積載スペースなど、既存の50ccスクーターの概念に捉われない自由な発想により、個性を重視する若者層を中心に支持されているロングセラーモデル。

また、環境性能に優れた水冷・4ストローク50ccエンジンを搭載。2007年には電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)や触媒装置(キャタライザー)を採用するなど、装備の充実や排出ガスのクリーン化とともにスムーズな走りに磨きをかけてきたモデルとなっている。

年間の国内販売計画は1000台で、メーカー希望小売価格は23万6250円。【了】


【PR】有名レストラン50%引き?クーポン情報をまとめて掲載!「グルーポンなう!」

【PR】弁護士相談で慰謝料増額も「交通事故示談ナビ」


http://news.livedoor.com/article/detail/5633351/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。











bike_kozou_vvさん

スクーター 駆動系 グリスアップ 知識のある方お願いします!!!!!
先日、自分で、スクーターの駆動系ばらして、ベルトとウエイトローラー交換しました。
良くはなったのですが、思ったより速くなりませんでした。
そこで、もう一回駆動系開けて、各所のグリスアップをしようと思っています。
防錆潤滑スプレー、シリコンスプレー、グリーススプレー、チューブタイプのグリスを買っています。
○グリスアップをする箇所(なるべく詳しく、各部名称)
○どの種類の潤滑剤を使うのか
○どの程度の量散布するのか
以上の3点を教えてください。
よろしくお願い致します。




ベストアンサーに選ばれた回答


raisukenanoさん


こんばんは、駆動系のグリスアップですが何か不具合があったのでしょうか?
現状スクーターがどれ位の年式で距離を走ったのか、メンテは今までどうしていたのかによって変わってきます。
またスクーターはカバーに覆われていますのでどこまで車体をばらしてグリスアップするかによっても変わってきます。

駆動系のメンテをして思ったよりも早くならなかったのでグリスアップとのことですが、スクーターの場合ご期待に添えるようなグリスアップポイントはあまりありません。
グリスが切れて固着状態、または近い状態でのグリスアップは効果的ですが。

まずお持ちのグリスの種類ですが本当に簡単にですが説明すると

・潤滑スプレー
556等の潤滑スプレーは本当にシャバシャバしていて浸透性が良い油ですがシャバシャバしているだけに流れやすく、長期間の潤滑作用を期待できるものではありません。
バイクなどのグリスアップではワイヤー関係や一時的な油の注油に使用することが多いですね。

・シリコンスプレー
油の種類がシリコン製で熱に強い、ゴムの老化がないという特徴があります。
グリス類などの油系はゴムを犯す可能性がありますがこのシリコンはゴムなどのシール類を痛めません。
ただ、スプレー式のシリコンスプレーの場合やはり粘度が低いので長期間の効果は望めませんし物によっては乾くシリコンスプレーも売っています。

・グリーススプレー、チューブタイプグリス
これはグリスの種類が多数あります。種類によって適所の箇所が違ってきます。
スプレータイプはやはり粘度が低くチューブのグリスに対して使いやすい反面、長期的なグリスの効果は望めません。

スクーターの場合、基本的なグリスの注油個所ですが
・ブレーキのワイヤー
・ドラムブレーキの作動部分
(ドラム内のブレーキシューがある個所はシューにグリスが付いてブレーキが利かなくなる可能性がありますのでその場所は使用禁止です)
等が一般的な速度に関係する個所ですが小さなところを上げるとまだまだあります。
基本、鉄と鉄が擦れて動く部分はグリス、油が必要ですが場所によっては近辺の部品との関係で油をさすことによって状態が悪くなったり、先ほどあげたようにグリスの種類を選ぶ必要があったりします。
さらにスクーターの場合、ほとんどの箇所がカバーを外す必要があります。

量は口での説明は難しいですが多すぎると他の箇所を汚すだけですので意味がありません。
この箇所にグリスをつけたいと思う箇所以外についた、出た、場合は拭き取ってやる方がいいと思います。

どのくらいの速度をさして早くならなかったと言われているのかわかりませんが
同車種に比べて全く遅いのであればグリスアップよりほかに悪いところがあると思います。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1132874031
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


ホンダ ZOOMER 、発売10周年記念車を発売
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110614-00000014-rps-ind



参考になりますね。

takatakafc22
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
バイクいじりと思いつき日記

FC2Blog Ranking

MicroAd
プロフィール

takatakafc22

Author:takatakafc22
中古バイクのいじめ方や復帰方法を!趣味レベルの日記です。 お得な情報があれば、そんな事、あんな事も書きます。

無料ブログ記事自動作成ツール!
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者数
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。