スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギア付き自転車に多面式筆箱…80年代のカッコいいモノは謎だらけ

ご来訪ありがとうございます♪

WS000000_20130214221036.jpg


『カッコいいもの80s』(安田 誠:著、ポストメディア編集部:編集/一迅社)  バブル景気に沸いた80年代。夜な夜なトレンディな装いの男女がウォーターフロントでどんちゃん騒ぎ、ジュリアナ東京ではお立ち台でワンレン・ボディコンの女性たちが踊り狂ったそうな……。しかし、バブルを知らない世代にとっては、「ワンレン? なにの練習?」状態。一体どんな世の中だったのかと想像もつかないことばかりだ。この謎深き80年代、じつは子どもたちも、いまから見れば奇妙としか言いようのないモノたちに熱狂していたらしい。

元記事はこちら

 それがよくわかるのが、『カッコいいもの80s』(安田 誠:著、ポストメディア編集部:編集/一迅社)という本。「80年代の子どもたちが興奮した“カッコいいもの”大集合!」と銘打たれているのだが、これが珍品のオンパレードなのだ。

 たとえば、「少年用スポーツ車」。カッコいいと謳うほどだからマウンテンバイクやロードバイクの類いかと思いきや、なんともゴッテリと装備がくっついた、まるでロボットのような自転車。ポイントは、トップチューブになぜかオートマ車のようなシフトレバーがついていること。この無駄にしか思えないレバーを巧みに操り、ギアチェンジするのが当時の男子小学生たちにはたまらなかったらしい。ちなみに、自転車の前後にはこれまたデカデカと複数のランプがついており、「派手な音を鳴り響かせる」ような仕様だったとか。各メーカーの商品名も「エレクトロボーイZ」や「ヤングウェイ・モンテカルロ」、「スーパーサリーゼロ」と気合いが入りまくりだ。

 しかし、これで驚いたのがバカだった。文具の世界ではさらに予想の上をいく珍品が登場する。それが「多面式筆箱」だ。名称だけ聞いてもピンとこないと思うが、筆箱がなぜか表も裏からも開けて、かつ中面も開き、さらにはボタンひとつで山なりに鉛筆がシャキーンと立ち上がったり、虫眼鏡が飛び出す機能まで搭載。実用性が行き過ぎているようにしか思えない代物だが、著者は、はじめてその多面式筆箱をクラスメイトからみせられたとき「鼻血が出そうなほど上気」し、「先生が来て、『座れー!』と注意の声が聞こえても、なお興奮し続けたのを覚えています」とつづっているほど。また、缶のペンケースのなかには、ビリヤードができるものもあったそう。もはや、それは筆箱なのだろうか……?

 あと、80年代は清涼飲料水のバリエーションが増えた時期。子どもたちもこぞって飲み比べたというのだが、その中身がすごい。まず、84年に発売された“冒険活劇飲料”の「サスケ」なる飲み物は、「薄いコーラにフルーツフレーバーをプラスしたような感じ」だったらしい。キャッチコピーは「コーラの前を横切る奴」。いやいや笑ってはいけない。なんと糸井重里がコピーライターを務め、CMの音楽は坂本龍一、アートディレクターは横尾忠則だったというのだから、当時としては相当本気の商品だったのだ。ほかにも、原材料に核太ナツメや御種人参、菊といった中国産植物エキスを用いた「維力」(ウィリー)というスポーツ飲料なんてものも。いまではおなじみのサントリーの「烏龍茶」もこの当時に発売されヒットを記録したが、80年代のチビッコ的には「字面だけでもなんだかカッコいい」商品だったようだ。

 これだけに限らず、本書では、芯を次々に出すギミックを持った「ロケットペンシル」や、ミニ四駆、カセットデッキにラジカセ、ミニコンポなんてアイテムといった商品がズラリ。現在の30~40代の人々には懐かしさがきっとこみあげてくるはずだ。

 それにしてもこうして見ていくと、当時のカッコいいものには、自転車や筆箱にさえ近未来感が満ち、ジュースひとつにも未知の味との出会いにあふれていたことがよく伝わってくる。大人たちがバブルに浮かれるなか、子どもたちはまだまだ未来を夢見ていたーー80年代のチビッコたちというのは、そういう意味でとても幸せだったのかもしれない。

(ダ・ヴィンチ電子ナビより)

すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
外部サイト
30代男性に『キン肉マン』ブームが再来アラサーアラフォー落涙必至! 「懐メロ小説」の魅力80年代生まれ起業家たちの「ビジネス×人生」本にみる“幸せ”とは?


http://news.livedoor.com/article/detail/7305955/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。






またのお越しををお待ちしています♪

baike
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
バイクいじりと思いつき日記

FC2Blog Ranking

MicroAd
プロフィール

takatakafc22

Author:takatakafc22
中古バイクのいじめ方や復帰方法を!趣味レベルの日記です。 お得な情報があれば、そんな事、あんな事も書きます。

無料ブログ記事自動作成ツール!
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者数
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。