スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリウッドなパトカーや消防車が中古で買えてしまう? 特殊な車輌の中古車事情

ご来訪ありがとうございます♪


写真拡大
自宅のオブジェにおひとついかが?パトカーに消防車、霊柩車、選挙カー……これら全てが中古車で買えてしまうこと、ご存知ですか? 一体誰が買うの? と目を丸くしてしまうような車が中古車市場には出回っているという事実を聞きつけ、とても気になっている……。そこで、「エキサイト 自動車&バイク」でお世話になっている日本最大級の中古車検索「Goo-net」の担当者に特殊な中古車輌の市場について聞いてみた。

■ 使用用途は飲食店のオブジェにも!? 個人でも購入は可能

そもそも気になるのが、いわゆる特殊な中古車輌の市場の需要。
「一般的なユーザーが日常生活に使用する類のクルマではないため、法人が主ではないかと思われます。特殊であるため、新車購入となればカスタム費用がかさむため、中古車で代用というケースがあるのではないかと思われます。ただし、頻繁に在庫が回転することはないと考えられます」

法人で特殊な事情があって、必要となる場合に買うといった感じだろうか。

具体的な利用用途については、
「救急車であれば小さな個人病院となりますが、聞いたことがある話では、撮影に使う(爆破してしまう)や、飲食店などがオブジェとして購入するといったケースも稀にあるようです。これらの場合、クルマとしての用途ではないため、機能面は問われないという事情もあるようです」

映画でみかける車が爆発してしまうシーンなんかで利用されている可能性も高そうだ。飲食店のオブジェにハリウッドなパトカーなんかは合いそうである。当たり前だが、主な購入は、法人によるもの。しかし、個人でも購入は可能とのこと。買えたとしても買う人はいないだろうけど……。
(※もちろん、警光灯やサイレン、その他個人として持つにはふさわしくない装備を外さなければならないなどの制約はある)


最後に、今まで見た中で、「これはビックリ!」という特殊な中古車を3つ挙げてもらった。
「水陸両用車、フォークリフト、コンバインでしょうか。タイヤと言いますか車輪と言いますか、地面に接して動くことができるとは言え、中古車という概念に当てはまるのかは甚だ疑問です」
中古車検索サイトの担当者が頭を抱える中古車たちも、たまにいるようだ。それでもこのような中古車を扱うことに関しては、
「かなりニッチな市場にはなりますが、ニーズがあるんでしょうね(笑)。もしくはそういったクルマを流通させたいといった使命感、お客様から引き取った以上、持っているのもどうかという思いからでしょうか?」
との回答。

需要も供給も少ないから見ることがなかった特殊な中古車輌の市場。
「Goo-net」などの中古車検索サイトで、このような“特殊な中古車”をぼんやりと眺めていると面白いものだ。
(エキサイトニュース編集部)すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
外部サイト
エキサイト 自動車&バイクセミヌードが眩しい、沖縄消防士による筋肉美カレンダー(Excite Bit コネタ) - エキサイトニュースミニカーの「トミカ」が食品になって登場!(Excite Bit コネタ) - エキサイトニュース


http://news.livedoor.com/article/detail/7110174/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。






またのお越しををお待ちしています♪

baike
スポンサーサイト

比較的好調な二輪車・ATVと船外機に事業を集約♪

WS000056.jpg


鈴木修・スズキ会長兼社長 スズキは6日朝、米国子会社のアメリカンスズキモーター(ASMC)が前日、日本の民事再生法に当たる米連邦破産法11条での更生手続き申請を決議したと発表した。

これを受けて、スズキは米国本土における四輪車販売事業から撤退する。

 スズキは小型車中心の車種を日本から輸出していたが、大型車の需要が多く販売が低迷するなど苦戦。
ASMCは2012年3月期に2期連続の営業赤字を計上するなど経営難に陥っていた。

 スズキは、1985年11月に米国で四輪車市場に参入。
これまで133万6千台を売り上げた。
今回の撤退により、日産自動車からOEM(相手先ブランドによる生産)供給を受けていたピックアップトラックの販売も取りやめる方針。

 ASMC社は、ハワイ州を除く米国で、四輪車、二輪車・ATV(バギー)、船外機、関連する部品・用品の販売を行っている。

これらの事業のうち四輪車販売から撤退し、比較的好調な二輪車・ATVと船外機に事業を集約する。

 ASMC負債総額は9月末現在で、3億4600万ドル。
このうち1億7300万ドルがスズキグループに対する債務。
出資額の128億円(6億4700万ドル)はすでに全額減損処理済み。
スズキは売掛債権107億円(1億3400万ドル)などの債権あるが、すでに97億円の貸倒引当金を計上している。

 スズキは今後、ASMC社が四輪車事業からスムーズに撤退して事業再編できるよう支援する意向。


http://news.livedoor.com/article/detail/7114118/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


東京モノレール、JR東日本、東京都・浜松町駅周辺の都市計画を提案
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121019-00000011-mycomj-sci



ハリウッドなパトカーや消防車が中古で買えてしまう? 特殊な車輌の中古車事情

ご来訪ありがとうございます♪

WS000045_20121105132201.jpg


自宅のオブジェにおひとついかが?

パトカーに消防車、霊柩車、選挙カー……これら全てが中古車で買えてしまうこと、ご存知ですか? 
一体誰が買うの? と目を丸くしてしまうような車が中古車市場には出回っているという事実を聞きつけ、とても気になっている……。

そこで、「エキサイト 自動車&バイク」でお世話になっている日本最大級の中古車検索「Goo-net」の担当者に特殊な中古車輌の市場について聞いてみた。

■ 使用用途は飲食店のオブジェにも!? 個人でも購入は可能

そもそも気になるのが、いわゆる特殊な中古車輌の市場の需要。

「一般的なユーザーが日常生活に使用する類のクルマではないため、法人が主ではないかと思われます。
特殊であるため、新車購入となればカスタム費用がかさむため、中古車で代用というケースがあるのではないかと思われます。
ただし、頻繁に在庫が回転することはないと考えられます」

法人で特殊な事情があって、必要となる場合に買うといった感じだろうか。

具体的な利用用途については、
「救急車であれば小さな個人病院となりますが、聞いたことがある話では、撮影に使う(爆破してしまう)や、飲食店などがオブジェとして購入するといったケースも稀にあるようです。
これらの場合、クルマとしての用途ではないため、機能面は問われないという事情もあるようです」

映画でみかける車が爆発してしまうシーンなんかで利用されている可能性も高そうだ。
飲食店のオブジェにハリウッドなパトカーなんかは合いそうである。
当たり前だが、主な購入は、法人によるもの。しかし、個人でも購入は可能とのこと。
買えたとしても買う人はいないだろうけど……。
(※もちろん、警光灯やサイレン、その他個人として持つにはふさわしくない装備を外さなければならないなどの制約はある)


最後に、今まで見た中で、「これはビックリ!」という特殊な中古車を3つ挙げてもらった。

「水陸両用車、フォークリフト、コンバインでしょうか。
タイヤと言いますか車輪と言いますか、地面に接して動くことができるとは言え、中古車という概念に当てはまるのかは甚だ疑問です」

中古車検索サイトの担当者が頭を抱える中古車たちも、たまにいるようだ。
それでもこのような中古車を扱うことに関しては、「かなりニッチな市場にはなりますが、ニーズがあるんでしょうね(笑)。
もしくはそういったクルマを流通させたいといった使命感、お客様から引き取った以上、持っているのもどうかという思いからでしょうか?」
との回答。

需要も供給も少ないから見ることがなかった特殊な中古車輌の市場。
「Goo-net」などの中古車検索サイトで、このような“特殊な中古車”をぼんやりと眺めていると面白いものだ。
(エキサイトニュース編集部)すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ

外部サイト
エキサイト 自動車&バイクセミヌードが眩しい、沖縄消防士による筋肉美カレンダー(Excite Bit コネタ) - エキサイトニュースミニカーの「トミカ」が食品になって登場!(Excite Bit コネタ) - エキサイトニュース


http://news.livedoor.com/article/detail/7110174/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。






またのお越しををお待ちしています♪

baike

津波・核シェルター、災害対策ロボットも展示……「危機管理産業展2012」(前編)

WS000045_20121104210722.jpg

SUZUOKA UMO Co.,Ltdのテント式災害用レスキュー装置  写真一覧(16件)■機動力に優れたバイクやクルマを活用した災害ソリューション

 東京ビッグサイトにて開催された「危機管理産業展2012」(RISCON TOKYO)と、併催の「テロ対策特殊装備展'12」(SEECAT)では、普段お目にかかれない危機管理に関するさまざな製品やソリューションが展示されていた。ここでは目についたユニークなものをピックアップして紹介しよう。

 ヤマハは、防災時に広報活動に利用できるバイクを展示。原付免許で運転できる防災用の広報仕様車で、リアボックスにSDレコーダーアンプを搭載し、後部の10Wのスピーカーから危険を知らせることができる。また回転灯やマイクロフォンも付いている。同様の緊急仕様車としてスピーカーや消火器などを装備できる自動二輪タイプもあった。

 特にユニークだったのが、衛星自動捕捉アンテナを搭載したバイクだ。これはテレマン・コミュニケーションズのブースで紹介されていたもので、災害時の緊急通信手段として、地上回線が断線したり、無線インターネットがない場所において、衛星回線を使えるようにする。東日本大震災では瓦礫が道路に積みあがったり、亀裂が入って自動車が通れないようなこともあった。そういうときにバイクならば迅速に現地に行けるというメリットがある。衛星アンテナはKu帯向けで、60cm径の小型タイプ。電源を投入して数分以内で衛星を自動追尾する。

 同ブースでは、カトーモーターの衛星通信アンテナ付き宿泊型震災対応トレーラーハウスも展示していた。従来の自走式衛星中継車は、災害時に長時間の留め置きが必要となり、せっかくのクルマとしての機能が活かせなかった。このトレーラーならば、牽引したクルマを引き離して利用できる。ベース車両がないため、低コストな点が最大の特徴だ。また2000ccクラスの自動車で牽引できるため、特殊な免許も不要だ。

 車両で圧巻だったのが、ワイ・エンジニアリングのブースにて展示されていたメルセデスベンツの「ウニモグ U4000」。豊富なアタッチメントが用意されており、必要な作業機をチョイスして搭載できる多目的作業用の130kWディーゼル車だ。フィールドを選ばずに豪快な機動力を発揮する。運転性はダンパ機構で安定しており、工具を使わずに反対の座席側にハンドルをスライドできる「バリオパイロット」と呼ばれる独特機構をもつ。標準で前進8段/後進6段(最大で前進/後進各24段)のトランスミッションを内蔵し、超低速(6.6km/h)から高速(85.7km/h)まで作業に応じた走行が可能。最大2基の油圧ポンプや、高出力油圧供給システムも搭載している。

■津波シェルターから地下核シェルターまで

 東日本大震災では、東北の沿岸地域で大津波が襲来し、多くの貴重な命が奪われた。こうした津波から人命を守る津波シェルターが複数の企業から出展されていた。FRPウチヤマは、激流に飲み込まれて外側の本体が回っても、人が入る避難空間は回らない免転構造の「太陽2号S」を展示。本体の素材は繊維をプラスチックと複合して強度を向上させたFRPを利用しており、加圧試験では20トンの重さに耐えられる構造だ。そのため津波のほか、地震による家屋倒壊や土砂崩れなどの際の避難場所にもなる。定員は4人で、許容重量は約110kg。

 ボンドも同様の津波シェルター「LIFE ARMOUR」を出展。東日本大震災の猛威を目の当たりにして、人間の無力さを知り、いつ起きるか分からない災害で何か手伝いをしたいという想いで開発に着手したという。こちらもFRP製で、重量約80kgという軽さを実現しながら、究極の剛性を実現。プレスによる600トンの圧縮テスト、地上25mの水面落下テスト、大人4名(約300kg)の浮力テストをクリアーしている。
12次へ>>


http://news.livedoor.com/article/detail/7062809/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


PR)
バイク用品専門ショップ




baike

「バイク芸人2」と題してお届けする!

WS000045_20121103214818.jpg


『アメトーク!』(テレビ朝日)は、「バイク芸人2」と題してお届けする!
 以前も放送され好評だった「バイク芸人」の第二弾として、ケンドーコバヤシ、
山口智充、チュートリアル(徳井義実、福田充徳)、ノッチ、劇団ひとりといったバイク大好き芸人が集結し、男たちの熱いバイクへの思いが爆発!番組内で、チュートリアルの二人が、自慢のバイクでツーリングをする様子や、さらに、それぞれが自慢のバイクで集合をすると、お互いのバイクを見せ合い、カメラを無視して熱く語る場面も…。

 「風を感じたい!」「音がええねん!」バイク好き人はたまらない1時間、ぜひお見逃しなく!

<出演>
MC … 雨上がり決死隊(宮迫博之、蛍原徹)

<ゲスト>
【バイク芸人】
    ケンドーコバヤシ
    山口智充
    チュートリアル
    ノッチ
    劇団ひとり

■『アメトーーク!』
2012年11月1日(木) 23:15~24:15(テレビ朝日系)

関連リンク
■『アメトーク!』DVDシリーズの第7弾発売記念イベントレポートは、こちらから>>
http://dogatch.jp/news/ex/7528
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
外部サイト
セレブ芸能人で最も心が貧乏なのは誰?そして有村昆&丸岡いずみ夫婦に早くも離婚危機!?『ナカイの窓』平成VS昭和アイドル特集!AKB48が最新曲「UZA」を披露!小泉今日子、工藤静香がアノ話を告白『1番ソングSHOW』栗原類「気持ち悪いと言われたい」ドMな恋愛観を暴露!?篠崎愛、平愛梨、谷村美月ら恋人募集中のゲストが集結「踊る!さんま御殿!!」2時間SP


http://news.livedoor.com/article/detail/7099820/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


直列6気筒エンジンの大型
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120907-00000073-zdn_mkt-ind


PR)
バイク用品専門ショップ




津波・核シェルター、災害対策ロボットも展示……「危機管理産業展2012」(前編)

WS000045_20121102181333.jpg


SUZUOKA UMO Co.,Ltdのテント式災害用レスキュー装置  写真一覧(16件)■機動力に優れたバイクやクルマを活用した災害ソリューション

 東京ビッグサイトにて開催された「危機管理産業展2012」(RISCON TOKYO)と、併催の「テロ対策特殊装備展'12」(SEECAT)では、普段お目にかかれない危機管理に関するさまざな製品やソリューションが展示されていた。ここでは目についたユニークなものをピックアップして紹介しよう。

 ヤマハは、防災時に広報活動に利用できるバイクを展示。原付免許で運転できる防災用の広報仕様車で、リアボックスにSDレコーダーアンプを搭載し、後部の10Wのスピーカーから危険を知らせることができる。また回転灯やマイクロフォンも付いている。同様の緊急仕様車としてスピーカーや消火器などを装備できる自動二輪タイプもあった。

 特にユニークだったのが、衛星自動捕捉アンテナを搭載したバイクだ。これはテレマン・コミュニケーションズのブースで紹介されていたもので、災害時の緊急通信手段として、地上回線が断線したり、無線インターネットがない場所において、衛星回線を使えるようにする。東日本大震災では瓦礫が道路に積みあがったり、亀裂が入って自動車が通れないようなこともあった。そういうときにバイクならば迅速に現地に行けるというメリットがある。衛星アンテナはKu帯向けで、60cm径の小型タイプ。電源を投入して数分以内で衛星を自動追尾する。

 同ブースでは、カトーモーターの衛星通信アンテナ付き宿泊型震災対応トレーラーハウスも展示していた。従来の自走式衛星中継車は、災害時に長時間の留め置きが必要となり、せっかくのクルマとしての機能が活かせなかった。このトレーラーならば、牽引したクルマを引き離して利用できる。ベース車両がないため、低コストな点が最大の特徴だ。また2000ccクラスの自動車で牽引できるため、特殊な免許も不要だ。

 車両で圧巻だったのが、ワイ・エンジニアリングのブースにて展示されていたメルセデスベンツの「ウニモグ U4000」。豊富なアタッチメントが用意されており、必要な作業機をチョイスして搭載できる多目的作業用の130kWディーゼル車だ。フィールドを選ばずに豪快な機動力を発揮する。運転性はダンパ機構で安定しており、工具を使わずに反対の座席側にハンドルをスライドできる「バリオパイロット」と呼ばれる独特機構をもつ。標準で前進8段/後進6段(最大で前進/後進各24段)のトランスミッションを内蔵し、超低速(6.6km/h)から高速(85.7km/h)まで作業に応じた走行が可能。最大2基の油圧ポンプや、高出力油圧供給システムも搭載している。

■津波シェルターから地下核シェルターまで

 東日本大震災では、東北の沿岸地域で大津波が襲来し、多くの貴重な命が奪われた。こうした津波から人命を守る津波シェルターが複数の企業から出展されていた。FRPウチヤマは、激流に飲み込まれて外側の本体が回っても、人が入る避難空間は回らない免転構造の「太陽2号S」を展示。本体の素材は繊維をプラスチックと複合して強度を向上させたFRPを利用しており、加圧試験では20トンの重さに耐えられる構造だ。そのため津波のほか、地震による家屋倒壊や土砂崩れなどの際の避難場所にもなる。定員は4人で、許容重量は約110kg。

 ボンドも同様の津波シェルター「LIFE ARMOUR」を出展。東日本大震災の猛威を目の当たりにして、人間の無力さを知り、いつ起きるか分からない災害で何か手伝いをしたいという想いで開発に着手したという。こちらもFRP製で、重量約80kgという軽さを実現しながら、究極の剛性を実現。プレスによる600トンの圧縮テスト、地上25mの水面落下テスト、大人4名(約300kg)の浮力テストをクリアーしている。
12次へ>>


http://news.livedoor.com/article/detail/7062809/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。








baike
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
バイクいじりと思いつき日記

FC2Blog Ranking

MicroAd
プロフィール

takatakafc22

Author:takatakafc22
中古バイクのいじめ方や復帰方法を!趣味レベルの日記です。 お得な情報があれば、そんな事、あんな事も書きます。

無料ブログ記事自動作成ツール!
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者数
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。