スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブライトンネット?

WS000085.jpg


自転車やバイクなどのハンドルにスマホを付けられる『BICYCLE HOLDER for Smart Phone/iPhone/iPod』(ブライトンネット)。 

写真一覧(3件)今はスマホの時代、もう若い女子もふつうに左手で持ちながらiPhoneの画面をスクロールして街中を歩いていたりする。

だが、自転車やバイクに乗っているときはどうか。

さすがに手で持っては使えないだろう。

そこで、スマホをハンドルに固定して使うアイテムをご紹介しよう。

つい最近のコネタ「自転車に付けられる防水カメラ」で、ビデオカメラを自転車に装着するおもしろさを説明しだが、今回は『BICYCLE HOLDER for Smart Phone/iPhone/iPod』(ブライトンネット)という所謂アーム付きのスマホケース。

15~27mmの口径であればどんなハンドルにも付けられる。

GPS機能を使ってナビゲーター代わりになるわけだ。

取り付け方はまずアームを本体に装着後、ネジとワッシャーを外して自転車のハンドルの直径に合わせて固定する。

つぎにケースのジッパーを開きスマホやMP3プレーヤーなどを入れる。

で、3枚付属しているインナーパットを一緒に入れることによってすき間をつくらず収納することができる。

また、マウンド部は360度回転でき、縦横・左右でも操作が可能だ。上下角を調整して見やすい位置にも設置できる。

自転車、バイクだけでなくベビーカーのハンドルにも付けられるので、買い物しながらスマホを手ぶらで観られるのもグッド。

ところで、せっかくこうして取り付けられたのだから、GPS機能だけでなく便利なお勧めアプリはないのか。

ブライトンネットさんに聞いてみた。

「音声ナビ、スピードメーター、電子コンパス、走行距離測定、消費カロリーなどのアプリがあります」

「また、アプリではないですが自転車に取り付けたまま走行距離や所在地をSNS(ミクシィ、facebookなど)へアップすることができますので便利ではないかと」

あと、筆者が思いついたのはスタンドとしてはどうか。

アームがちょうど支えになってデスクに立てられそうだ。動画見るのに便利かも。

スマホも自転車に乗りながら使える時代となった。スマホはわれわれの行くところならどこにで付いて行くということだ。
(羽石竜示)


関連記事
自転車に付けられる防水カメラ(Excite Bit コネタ) - エキサイトニュースアフリカ南部「ザンビア」の雇用を拡大する“竹でできた自転車”(Excite Bit コネタ) - エキサイトニュース自転車にも原付にもなる“ハイブリッド自転車”(Excite Bit コネタ) - エキサイトニュース


http://news.livedoor.com/article/detail/6721309/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


>>>アマゾンでの購入はこちら<<<


スポンサーサイト

WS000065.jpg


アウディのラインアップの中で最も小さなモデル「A1」に追加された5ドア・モデル「A1 スポーツバック」。

都内で開催された試乗会に参加して、その都市部における日常的な走りや、気になる後部座席の乗り心地などを確認してきた。

先日ご紹介した発表会の様子と合わせてご覧いただきたい。

試乗させていただいたA1 スポーツバックは、ブラウン・メタリックのボディにシルバーのルーフが組み合わされたシックな外観。

だがドアを開けると、シート生地やドアの内張、センターコンソール、そしてジェット機のタービンを模したというエアコン吹き出し口などに「ワサビグリーン」と呼ばれる黄緑色を配した楽しい雰囲気のインテリアが現れる。

仕上げ品質の高さには定評があるアウディの内装だが、A1のようなスモール・カーではこうした見た目の華やかさや遊び心も必要ということだろう。

もちろん、お好みによってシンプルなブラックや明るめのグレー、色気のあるガーネットレッド(ワインレッド系)など、他にもさまざまなバリエーションが選べる。

9色用意されているボディ・カラーと合わせて、選択できるインテリア・カラーに縛りがない、つまり全ての組み合わせが自由に選べるところも嬉しい。

ただしこのワサビグリーンは、オプションの「スポーツパッケージ」装着車のみが選択可能なカラーだそうだ。



このスポーツパッケージを装着すると、標準よりも1インチ大きな専用デザインの16インチ・アルミホイールが付き、タイヤも205/55 R15から215/45 R16へと太くなる。

これを支える足回りは、バネとダンパーが固められたスポーツ・サスペンションになるのだが、車高がローダウンされるわけではなく、乗り心地もそれほど固いとは思わなかった。

むしろ重めで僅かにクイックなパワー・ステアリングの味付け(これは標準仕様と共通)と相まって、きびきびと気持ち良く走らせることが出来る。

ただし運転している側は気にならなくても、40km/h前後の低速では、ちょっとごつごつした感じを同乗者には与えてしまうかも。

やはりもう少し速度を上げた方が快適に感じられるようになる足回りだ。

滑りにくい生地が張られたスポーツ・シートは硬めのクッションが心地よい。

標準シートよりもサイド・サポートが張り出した形状をしているのだが、乗り降りの際に気になるほどではない。



フロントに横向きに搭載される1,389ccの直噴直列4気筒「TFSI」エンジンは、排気量だけを見ればごく普通のスモール・カー向けと思えるかも知れないが、ターボ過給によって122psの最高出力と20.4kgmの最大トルクを発揮。

車両重量1,220kgという、車体の大きさ(全長3,970mm × 全幅1,745mm × 全高1,440mm)の割に決して軽くはないA1 スポーツバックを充分以上の力強さで走らせる。

それも当然、アウディの親会社であるフォルクスワーゲンでは、これとスペックまで含めて同じエンジンを、90kgも重い「ゴルフ」の中級グレードに採用しているくらいなのだから。

小排気量の燃費の良さとターボによる動力性能の両立を目指したこのエンジンとコンパクトなA1 スポーツバックの組み合わせは、体感的には自然吸気1.8~2.0リッター・クラスの実用セダンと同じくらいの「速さ」が味わえる。

それでいて燃費はJC08モードで17.8km/リッターと、1.5リッターのコンパクト・カー並みなのだ。


この高効率に一役買っているのが、「Sトロニック」と呼ばれる7速デュアル・クラッチ式トランスミッションだ。

こちらはトルコンAT並みのイージーで快適なシフトと、MTの伝達効率の良さを両立させようというもの。

A1のこれは "滑り" が少ないといわれる乾式単板クラッチを採用しているが、アクセルのオン/オフや変速時にギクシャクすることはなく、パワートレインが揺すられるような不快なショックもほとんど発生させないけれど、MTのようなダイレクトなフィールには乏しかった。

ならばスポーツパッケージを選べば付いてくるパドル・シフトを操って、積極的にシフトしてみたらどうかと思ったのだが、何故かパドルを引いてから実際に変速が始まるまでに、決して無視できないタイムラグが発生することが分かった。

変速そのものは素早いのだが、パドルからトランスミッションに伝わる電気的な信号が、一呼吸遅れて届く感じ。

この試乗車固有の調整不良という可能性もあるが(そう思いたい)、スポーツパッケージに期待する人は試乗の際、パドルを動かしてご自身が不満を覚えないかどうか、必ずチェックしてみていただきたい。



http://news.livedoor.com/article/detail/6709787/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
バイクいじりと思いつき日記

FC2Blog Ranking

MicroAd
プロフィール

takatakafc22

Author:takatakafc22
中古バイクのいじめ方や復帰方法を!趣味レベルの日記です。 お得な情報があれば、そんな事、あんな事も書きます。

無料ブログ記事自動作成ツール!
検索フォーム
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご訪問者数
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。